CUCURU(ククル) > エンタメ > ドラゴンズ福田はロボット?「ウィーンガシャンって野次らないで!」

ドラゴンズ福田はロボット?「ウィーンガシャンって野次らないで!」

画像:CBCテレビ『サンデードラゴンズ』

【プロ野球おやじ戸井康成の『おっサンドラええがや』】

CBCテレビ『サンデードラゴンズ』(毎週日曜日午後12時54分から東海エリアで生放送)をみたコラム

先日うちのベランダの朝顔がやっと咲きました。それも、8月31日という夏休み最後の朝に……。これワザと?って思いたくなるタイミングでの開花です。

まぁ無事咲いてくれたから良かったものの、危うく“夏休みの観察日記”が、葉っ葉だけの寂しい日記になるところでした(まぁ緑色がいっぱいで眼には優しそうだけど……)。

さて、今週のサンドラ。こちらの開花はタイミングバッチリ!

『和製大砲』福!!をピックアップ。

ここまで14本塁打はキャリアハイ。特に7・8月の爆発ぶりは朝顔、いや真夏のひまわりのように、太陽に向かって一直線に伸びる大輪の花を咲かせてくれたましたな。打球も負けずに一直線! 見ていて気持ちいいもん。

ただ、ここまでいろいろ苦労してましたよね。怪我によって春のキャンプは2軍スタート。4月に1軍昇格も、代打起用で結果出ず……。今年はこのまま開花しないのかな?とファンも心配しましたよ。しかーし! 突然の開花宣言!

きっかけは平田の故障やビシエドの離脱(市民権問題)で、出番が増えたこと。本人も「多くの打席に立てた事が大きい」とコメント。まさに、チームのピンチを自らのチャンスに変えた、プロ野球選手のお手本のような活躍だ!

今日の解説、山田久志さんは、「打席で振り切っているところが良い」とコメント。

チームメイトのゲレーロは、「凄い良いスイング。1年間試合に出たら凄い数のホームランが打てる」と太鼓判。いやぁ嬉しいねー。

もちろん、好調にはしっかりとした裏付けもある。サンドラでは

(1)独特のバッテイングフォーム

(2)筋力強化

(3)打席に入る時の準備

以上の3つの要因をあげていた。

印象的だったのが(1)! 「タイミングを取るのがヘタ。ロボットみたいとよくヤジられる」と福田が答えるとすかさず、「〇〇打法って呼ばれてないんですか?」とスタッフ。すると、「やめてくださいよ、変な名前付けるのは!」と応酬!

いや、これはアレだな。“ダチョウ倶楽部方式”と考えていいな! 「押すな、押すなよ!」は「押せよ、押すんだぞ!」の合図だもんね? サンドラで募集してみては……(笑)

「ホームランが打てる打者は限られている。それは僕の長所。追求していきたい」と力強くまとめてくれた福田。

そう、その通り。14本ぐらいじゃファンは納得しない! 真の『和製大砲』の誕生を我々は待ち侘びているぞ! 「打つな、打つなよ!」と願いながら…。

それにしても主力のケガ人多過ぎない? ドラゴンズ大島まで死球で今季絶望とは…。一度お祓いしてもらうか、番組を代表して若狭アナが滝に打たれて願かけするしかないんじゃないの? もちろんノーカメラで。

 

【CBCラジオドラ魂ナイト】プロ野球ナビゲーター・戸井康成

 

【画像】

※ CBCテレビ『サンデードラゴンズ』