CUCURU(ククル) > ライフスタイル > まだ夏服着ちゃってない?2017年版「最短秋コーデ」のコツ3つ

まだ夏服着ちゃってない?2017年版「最短秋コーデ」のコツ3つ

9月に入り朝晩涼しくなってきましたね。でも、昼間はまだまだ暑いこの時期……秋ファッションがしたくても何を着れば良いか迷いますよね。

そこで今回は、スタイリストの筆者が“この秋のオススメコーディネート3つ”をご紹介します。

これさえマスターすれば、最短で秋コーデが完成しますよ!

 

■コツ1:今年風なら「ファー」!小物で秋を感じさせる

画像:栗木史乃

いつものコーディネートを小物のみを変えて、ちょっと秋の雰囲気にしてみましょう。例えば……

・サンダルをやめてパンプスにする。

・バッグにファーを乗せる。

・バッグや靴をスエードやベロアなどの秋冬素材にする。

・アクセサリーをシルバーからゴールドにする。

・スモーキーカラーのストールを取り入れる。

上記のように小物を少し変えるだけでも、秋らしさがアップします。ストールなら、昼間暑い時間はバッグに乗せてコーディネートのポイントに、朝晩の肌寒くなった時は肩にかけたりと便利に使えます。

ベロアサンダルやファーサンダル、バッグにつけるファーストラップなどを使えば、“今年らしさ”がさらにプラスされますよ!

 

■コツ2:色で秋を取り入れよう。今秋のトレンド色は…?

画像提供:UNIQLO

いつものTシャツやブラウスをボルドーやモスグリーンなどの秋カラー変えてみるだけでも、秋らしさがぐっと出ます。春夏から大人気だったUNIQLOの『クルーネックT』も、秋冬カラーが出ていますね。

ただ、秋っぽいと言われるカラーはくすんだ色が多いので、肌までくすんで見えてしまう場合も。トップスで取り入れる場合は、カーディガンやスカーフなどで色の出る分量を調節してみたり、ピアスやネックレスなどで華やかさを追加してみましょう。

他にも、自分が苦手だけど着てみたいと思うカラーは、顔から離れたボトムで取り入れたり、バッグや靴などの小物だと取り入れやすくなります。

“今年っぽさ”を出したいなら、秋カラーとビビットカラーを組み合わせるのがオススメです。

春夏大人気だった“キレイ色”と言われるアイテムにブラウンやカーキなどを合わせたり、この秋のトレンドカラーでもあるレッドを使ったコーディネートもオシャレ感が増しますよ。

 

■コツ3:柄モノなら断然「グレンチェック」!

画像:栗木史乃

トレンドのチェック柄をコーディネートの中に取り入れてみましょう。中でも今季は“グレンチェック”がオススメです。

他のチェックと比べてシックなカラーのチェックなので、主張も強すぎず大人でも子どもっぽくならずに取り入れやすい柄です。ボトムやストールなどで一点だけ取り入れるだけでも、トレンドの秋コーディネートが楽しめますよ。

 

実は長く使えて便利な秋物アイテム。重ね着に使えば、3シーズンも使えちゃうんですよ!

ぜひ、この時期にお気に入りの一点を見つけて、秋のコーディネートを楽しんでみてくださいね。

 

【画像】

※ 栗木史乃

※ UNIQLO