CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 意外とカンタン!誰でもできる上手な「網戸張り替え術」とは

意外とカンタン!誰でもできる上手な「網戸張り替え術」とは

画像:@NamI

この夏「網戸から蚊が入ってきた!」なんて経験はありませんか?

そんなとき必要になるのが“網戸の張り替え”。そこで今回は、簡単な網戸の張り替え術をご紹介!

網戸も、外から見えにくいもの、ペットの爪に強いものなど、多種多様。自身の生活に合った網戸でチャレンジしてみてくださいね。

 

■網戸の張り替えに必要なもの

画像:@NamI

網戸の張り替えに必要なものは、以下の通り。

網戸張替用ネット(今回は、ペット用とノーマルの2種類を使用)

網戸用網押さえゴム

網戸クリップ

ローラー

カッターorはさみ(網戸専用カッターも売っています)

“網押さえゴム”については、少し注意が必要です。網戸によってゴムの太さは異なるため、事前に古いゴムを切って、お店に持参するのがべストです。

 

■まずは、古いネットを外してみよう!

画像:@NamI

こちらが、筆者の自宅の古い網戸。ペットの爪で網戸の目がガタガタになってしまっています。

では早速、古いネットを外していきましょう!

(1)網戸をはずして、地面に置きます。室内の場合は、床に新聞紙を敷いてから置きましょう。

(2)古い押さえゴムの切れ目を探し、押さえゴムを浮かせます。筆者は、なかなか見つからず、無理やり引っ張りだしました。

画像:@NamI

(3)古い押さえゴムを浮かせたら、そのままゴムを引っ張りだし、古いネットも取り外しましょう。

 

■古いネットが外れたら、新しいネットをはめてみよう!

古いネットはキレイに外せましたか? 続いてはいよいよ、新しいネットをはめていきます。

(1)新しいネットを袋から取り出します。

(2)ネットをサッシの上に広げたら、4つ角をクリップで軽く固定します。固定したら、大まかに、不要な部分のネットをカットしましょう。

(3)押さえゴムをサッシの隅から数センチ程度手前からはめ込む。

画像:@NamI

(4)隅にゴムを押し込んだら、余った押さえゴムをくるくるとローラーで押し込んでいきましょう。

画像:@NamI

ここで、クリップで網戸を張りすぎてしまわないように注意!

筆者は力ずくでゴムを押し込んでしまい、網戸の目が広がってしまいました。ずれない程度に固定するだけで良いようです!

(5)押さえゴムが一周したらカットし、カットしたゴムを押し込みます。

画像:@NamI

(6)ゴムを押さえ終わったら、カッターナイフかはさみで余分なネットをカットすればできあがり!

ちなみに、筆者のような初心者にはカッターはむずかしく、真っすぐ切れませんでした。出来上がりの見栄えが良いのはカッター仕上げですが、はさみではみ出している所をチョキチョキするだけでも良いかもしれませんね!

 

いかがですか?

画像:@NamI

自宅ならば十分な見栄えですよね。きっと2回目、3回目ならもっとうまくなるはずです。

みなさんも、週末にぜひチャンレジしてみてくださいね。

 

【画像】

※ @NamI

Recommend今あなたにおすすめ