CUCURU(ククル) > 今知りたい情報 > 地域で馴染みの味!東海3県限定「豚汁」がセブンイレブンに登場

地域で馴染みの味!東海3県限定「豚汁」がセブンイレブンに登場

画像:taa / PIXTA(ピクスタ

東海地区に暮らす人にとって馴染み深い、“赤味噌”。

旧来より大豆を中心とした農産物を生産してきた歴史があり、大豆を原料にした赤味噌の使用が地域の食文化として定着してきました。

最近では、一般家庭料理だけでなく赤味噌専門店も増えてきており、注目が集まっています。

そんな赤味噌を使用した商品を、東海地方で販売してきたセブンイレブンから、赤だしが決め手の“豚汁”が発売されます!

 

■セブンで人気!東海エリア限定の商品とは

今まで『セブンプレミアム』として販売されていた、どて煮、牛どて煮、味噌煮込みおでん、台湾ラーメンは東海エリア限定の商品でした。

どて煮は、旨味のある赤味噌に八丁味噌、ザラメを加えてじっくりと煮込み、コクと甘みを加えたもの。

味噌煮込みおでんは、大根、卵、こんにゃく、さつま揚げ、焼きちくわ、豚もつの6種類の具材を味噌だれで煮込み具材に使用。八丁味噌を使用し、風味良く仕上がっています。

台湾ラーメンは、丸鶏、鶏ガラ、豚ガラをベースにした、後引く辛さとコクが特徴。具材に2種類の唐辛子、豆板醤、たまり醤油などと合わせ直火で炒めた本格的な味わい。

そこに新しく仲間入りするのが、同じくセブンプレミアムの、『赤だしが決め手 豚汁』です。

使用されているのは、赤味噌だけでなく、同じく地域で馴染みのある『むろ節』。そこに豆味噌と米味噌をブレンドした味噌を使用し、野菜と豚肉を合わせた、赤だし仕立ての豚汁です。

具材には、里芋、にんじん、ごぼう、大根、こんにゃく、油あげと豚肉が使用されていて、炒めた豚肉と野菜の旨みが特徴的。

発売されるのは、12月6日(火)から。愛知・三重・岐阜のセブンイレブン限定です。

 

東海エリアに限定して、その地域の人にあるよう味付けされた豚汁。早速、今夜から味わってみてはいかがですか?

 

<商品の概要>

セブンプレミアム 赤だしが決め手 豚汁

価格:184円(税込 198円)
販売店舗:愛知県、三重県、岐阜県のセブン‐イレブン全店
(11月末現在・3県合計:1,307店)

 

【参考・画像】

セブン-イレブン、「セブンプレミアム 赤だしが決め手 豚汁」を愛知県などで発売 - 日経プレスリリース

※ taa / PIXTA(ピクスタ)