CUCURU(ククル) > 美容・健康 > アイメイクしっかり派はマット肌に!一気に旬顔になれるプロの技

アイメイクしっかり派はマット肌に!一気に旬顔になれるプロの技

https://www.shutterstock.com/

アイメイクを頑張っても垢抜けない、リップを旬カラーにしてもいつもと変わらない印象……どこがいけないの? と思うアナタ。

“ベース作り”はこだわっていますか? 流行のアイメイクやリップカラーにチャレンジするのは良いけれど、どんなメイクアップでも一番大切なものは“ベース”。

特に目元はナチュラルメイクが流行っている今、どうしても目がいくのはベースの部分ですよね。

そこで今回は、プロのヘアメイクとして年間1,000人以上の女性を美しく変身させている筆者が、“これをおさえれば旬メイクになれる肌作り”をご紹介します。

 

■ナチュラルメイク派はツヤ感重視

福岡 ヘアメイク メイク 習い事 メイクレッスン メイクアップイマジン

目元はナチュラルなのにベースはしっかりカバーのマット肌だと、ただアイメイクを手抜きしただけのような印象に。

ベースも素肌っぽさを出してこそ、今っぽいナチュラルメイクを作ることができます。

ポイントは、濡れたような“ツヤ”。まずは、ファンデーションの前にほんの少しオイルを顔全体に塗り、自然なツヤと保湿を与えましょう。

下地はパール感のあるホワイト系もしくはピンクがおすすめ。肌色のトーンを上げ、ファンデーションの量を極力減らします。

そしてファンデーションは、眉山からアゴ先までの逆三角形ゾーンのみに塗ること。このとき、必ずスポンジを使って塗りましょう。優しくポンポンと置くように少しずつ塗っていくことで、少量でもきちんと毛穴をカバーしてくれます。

仕上げのフェイスパウダーは大きめのブラシでふんわりと仕上げて、ファンデーションを定着させる程度に。そうすることで、皮脂が良い具合のツヤ感を出してくれます。

 

■アイメイクしっかり派はマット感重視

福岡 ヘアメイク メイク 習い事 メイクレッスン メイクアップイマジン イマジンヘアメイクスクール

アイメイクやリップをしっかり盛りたいなら、マットな陶器肌がベスト。

ベースだけ素肌っぽいと、ただメイクが崩れているように見えてしまいます。

ポイントは、コンシーラー。ファンデーションまではツヤ肌と同様に仕上げたら、ハイライトカラーのコンシーラーで更にカバー。目元のくすみを飛ばし立体感を作ります。

そして、仕上げのフェイスパウダーはパフを使ってたっぷり取り、軽くおさえるようにふんわりと全体にのせましょう。

このとき、表面のお粉を何度も叩き込まないこと。表面に残った余分なお粉は、フェイスブラシでサッと払い落とします。

陶器肌だからこそ、目元のグラデーションやボルドーリップが映えるというものです。

 

いかがでしたか? 旬なメイクをおさえるには、目元や口元に合わせてベースも作りかえることがポイント。ぜひ、肌作りをマスターしてくださいね。

【筆者略歴】

※ 古賀真知子 ・・・ メイクアップイマジンbyオフィスノムラ主宰。撮影関係のヘアメイクをこなす傍ら、美容家として一般女性に美しくなるための様々なビューティプログラムレッスンを行っている。モットーは「女性は内・外側から美しく」。

【画像】

※ Sofia Zhuravetc / shutterstock