CUCURU(ククル) > ライフスタイル > ツナ缶の次に常備したい♪「鮭フレーク」活用朝ごはん6選

ツナ缶の次に常備したい♪「鮭フレーク」活用朝ごはん6選

お手軽さと使いやすさがバツグンのツナ缶は、お家に常にストックしてあるという方も多いかもしれません。でも定番アイテムになるということはマンネリ化しやすい、ということでもありますよね。

ちょっとツナ缶ばかりでは飽きてきたかも…という方にぜひおすすめしたいのが「鮭フレーク」です!そのままでご飯のおともとして美味しい鮭フレークは、実は料理にも使いやすい優秀アイテム♪

今回は常備しておくと便利な「鮭フレーク」の朝ごはんアイデアをご紹介します。

まずは混ぜるだけで簡単♪「ちらしごはん」

1

大葉やちりめんじゃこ、ゴマなど香りと食感を楽しむお好みの具材とごはんを混ぜるだけの簡単まぜごはん。

のりを散らすだけでも気分が変わりますよ♪

レタスに巻いて食べるのもおすすめ☆

(簡単!ヘルシーサラダごはんのランチ  by:アンさん)

詳しいレシピをチェック>>

トーストにも!「鮭と長芋の味噌バタートースト」

2

長芋のシャキッとホクッとした食感と味噌バターのコク、鮭の塩味がとても良く合います♪

塗ってのせて焼くだけの3ステップなので、忙しい朝でも簡単においしく食べられます!

(鮭と長芋の味噌バタートースト   by:あやんさん)

詳しいレシピをチェック>>

和えるだけ♪作り置きたい「鮭とじゃがいものシャキシャキ和え」

3

チンした千切りのじゃがいもに鮭フレークを和えるだけで、ヘルシーなおかずが一品完成しちゃいます♪

千切りする手間も惜しい朝のために作り置きしておくのもおすすめです!

じゃがいもはできるだけ細く切っておくのがポイントだそう。

(直ぐできる!簡単!鮭フレークとおじゃがのシャキシャキ和え  by:とまとママさん)

詳しいレシピをチェック>>

ヘルシーでボリュームも◎「豆腐と鮭のハンバーグ」

4

お豆腐を使ったヘルシーなハンバーグは、ダイエット中の方にもおすすめ。植物性のタンパク質と動物性のタンパク質を同時に摂れるのも嬉しいところ。

照り焼きはお子さんも大好きな味ですよね♪

(豆腐と鮭のハンバーグ by:@namiさん)

詳しいレシピをチェック>>

火を使わないのが嬉しい!「サーモンポテトサラダ」

5

じゃがいもをレンジで加熱したら、あとはつぶしながら混ぜるだけ!

そのまま食べるときにはじゃがいものホクホク感を活かしてもいいですし、マヨネーズを加えてじゃがいもをよく潰したらサンドイッチの具にもぴったりです♪

(サーモンポテトサラダ by:luneさん)

詳しいレシピをチェック>>

ふんわり卵とだしの優しさ♪「鮭のあんかけご飯」

6

とろーりあんかけが魅力的な、やさしいあんかけご飯。鮭フレークに塩味が付いているので、あんの味は濃くしすぎないのがポイント。

たまごが固まらない熱々のうちに食べたい…!

(優しいとろみの鮭あんかけご飯 by:えつこさん)

詳しいレシピをチェック>>

…いかがでしたか?

鮭フレークはチーズとも相性が良いので、チーズトーストやリゾットなどにふりかけても美味しいんですよ!ぜひお家にストックして、使いこなしてみてくださいねー♪