CUCURU(ククル) > グルメ > 金魚鉢の中にゼリー!? フォトジェニックな「水族館ゼリー」の作り方

金魚鉢の中にゼリー!? フォトジェニックな「水族館ゼリー」の作り方

画像:Cafeくろねこ

夏休みも後半にさしかかり、お子さんのいるご家庭では、おやつのレパートリーもマンネリ化してきた頃ではないでしょうか!?

そこで今回は、子どもたちも楽しんで作れる、見た目も涼しい“水族館ゼリー”のレシピをご紹介します。

 

■金魚鉢も100均で!用意するものはコチラ

どれも手軽に揃う材料ばかり! 飾りつけのフルーツなどは、お好みでチョイスしてみてくださいね。

100均で売っている金魚鉢(プラスチック製なので万一落としてしまっても安心です。)・・・1つ

お水・・・350ml

カキ氷シロップ ブルーハワイ・・・150ml

フルーツミックスゼリー・・・2個

ゼラチン・・・10g

銀色アラザン・・・適量

棒状グミ・・・適量

星型ラムネ・・・適量

 

■作り方はとってもカンタン!

材料が揃ったら、早速作っていきましょう!

(1)お水350mlを沸騰させ、ブルーハワイ150mlを加えます。ゼラチンの溶ける80度以上であることを確認してから、ゼラチンを入れて溶かします。粗熱がとれたら冷蔵庫で固まるまで冷やします。

(2)フルーツミックスゼリーを、フルーツとゼリー部分に分けます。

(3)分けたフルーツで、海の生き物を再現します!

“ミカン”で“金魚”・・・胴体部分はミカンそのままを使い、尾びれ部分は半分にカットして形を作っておきます。(ゼリーの中で仕上げるので、ここで胴体と尾びれをくっつける必要はありません。)

“桃”で“イルカ”・・・金魚と同じように、胴体部分は桃そのまま、背びれ部分用に三角形にカットしたパーツを用意しておきます。

“さくらんぼ”で“たこ”・・・ぐるっと一周近く切り込みを入れて、さくらんぼの種を取り出します。完全に切れてしまわないように接合部分を残して開きます。下半分に3〜4本、縦に切り込みを入れて足にみえるようにします。

(4)金魚鉢の底に、海底に見立てて、アラザンを入れ、その上から2の崩したゼリーを流し込みます。

画像:Cafeくろねこ

(5)その上に、1で固まったゼリーをスプーンなどですくいながらそっと入れていきます。

画像:Cafeくろねこ

(6)さて、ここからはいよいよ海の生き物の飾り付けです! 全て菜箸を使ってゼリーの中に埋め込んでいきます。その際、生き物たちがよく見えるように、できるだけ金魚鉢の側面に沿って配置しましょう。

“棒状グミ”で“海藻”・・・適当な長さに切り、1本ずつなるべく下の方に差し込んでいきます。3〜4本をひとかたまりにするとより海藻っぽくみえます。

“星型ラムネ”で“ヒトデ”・・・こちらもまずはなるべく下の方に埋めていきます。最後にバランスをみながら上の方にも足しましょう。

また、(3)で準備しておいたフルーツの生き物を自由に飾ります。“金魚”と“イルカ”は、胴体部分とそれぞれのパーツが離れないように形を見ながら配置してください。“たこ”は足が開くように形を整えましょう。

 

いかがでしょうか? 他にも身近な材料を使って、イメージ次第で色々な水族館ができます。

お子さんと一緒に残暑にぴったりな“水族館ゼリー”を楽しんでみてくださいね!

 

【画像】

※ Cafeくろねこ