CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 【マヤ暦占い】8月12日からの4日間は「次のステージ」へ移行する直前!

【マヤ暦占い】8月12日からの4日間は「次のステージ」へ移行する直前!

画像:anucha maneechote / Shutterstock

お盆休みで、ご実家に帰省されたり、家族、親族で集まったりされていらっしゃる方も多いことと思います。

お盆は、ご先祖様の霊をお迎えし、戻ってきたご先祖さまの霊をご供養します。そして、お盆の期間がすぎると、送り火を炊いてお送りする……。日本では、昔からの風習として定着していますよね。

さて、マヤ暦では、8月12日~15日の4日間、宇宙から流れてくるエネルギーが変化します。エネルギーの特徴を捉えて行動し、次なるステージにステップアップしましょう!

今からマヤ暦アドバイザーが12日から4日間の過ごし方のポイントをご説明していきます!

 

■8月12日からの4日間は「自分と向き合う時」と捉えましょう。

8月12日からの4日間は、“向き合うことがやってくる”。そんな宇宙のエネルギーの影響を受ける時となります。

この期間、“困難なこと”が起きたら、こう考えましょう!「ステージが変わる時が来た!」と。誰でも困難なことは避けたいですし、できれば困難にはあいたくない……ですよね。

でも、困難は意味なく起こることではありません。必ず意味があって起こるのです。悩みを抱えてた時に、何に気づくのか? 自分と向き合う機会を与えられているのです。

この期間、困難にあうことで魂は成長するのです。つまり、次のステージに移行する前の状態を表します! 逃げたり避けたりするのではなく、しっかりと向き合っていきましょう!

 

■8月12日はどんなエネルギーが流れているの?

画像:鈴木佑実

その日のエネルギーを“KIN”(キン)という名称で表します。KINというその日のエネルギーを詳しく紐解くと、“20の紋章”と“13の音”の組み合わせでできており、260通りのKIN(エネルギー)が存在します。

毎日変化するKIN(エネルギー)=“音”“紋章”の意味を読み解くことで、その日、宇宙からどんなエネルギーが流れてくるのか分かります。

 

8月12日の“音”・・・“音3”

8月12日は、“青い嵐の13日間の3日目の音3”となります。“音3は、「くっつける」「互いに支える」「仕える」「奉仕する」「素直さ」などのテーマがあります。

つまり、“音3”の8月12日は、人と人との心の繋がりを大切にして、オープンハートで、互いに奉仕することや、思いやることが大切な時だと宇宙は教えてくれています。

8月12日は、人と会い、人をつなぐ……を意識してみましょう。どなたも人と会うことで、エネルギーが高まる時です。ぜひ心の繋がりを求めて、目の前の人を大切にしていきましょうね!

 

8月12日を司るエネルギー・・・“赤い龍”

“赤い龍”は、「生命を育む」「母性のエネルギー」「尊敬」「集中力」「格式高い」「創造性」などのキーワードがあります。“赤い龍”は、「とても面倒見の良い」紋章(エネルギー)で、このエネルギーの影響をどなたも受けるわけです。

8月12日は、自分の心の扉を大きく開き、オープンマインドでいることが大切です。どんな人も、どんなことも、受け入れていく……。この“なんでも受け入れていく”姿勢に、宇宙は応援しようと働きかけてくれます。

8月12日の“赤い龍”も“青い嵐”も、働き者のエネルギー。そして、実はこの日は、リーダー、責任者を意味する“黄色い太陽”のエネルギーも流れる1日となります。

8月12日は、どなたも自分がリーダーや責任者になったかのように、自ら率先して、いろんな物事に目を向けていく、そんな姿勢を大切にしていきましょうね!

 

宇宙のエネルギーを味方につけて、ご機嫌な1日をお過ごしくださいね!

 

【画像】

※ anucha maneechote / Shutterstock

※ 鈴木 佑実

Recommend今あなたにおすすめ