CUCURU(ククル) > グルメ > 意外と知らない調理法!夏野菜「モロヘイヤ」はココまで食べられる

意外と知らない調理法!夏野菜「モロヘイヤ」はココまで食べられる

画像:大橋千珠

夏の野菜は色々ありますが、モロヘイヤも夏においしい野菜です。スーパーで価格も安価なので手に取りやすいのも嬉しいですよね。

しかし、モロヘイヤって「茎のまま茹でるの?」「刻んでから茹でるの?」「そもそも茎って食べてもいいの?」……と食べ方が分からない方も多いのではないでしょうか?

今回は野菜ソムリエの筆者がモロヘイヤをおいしく食べるためのコツと、簡単レシピをご紹介します。

 

■モロヘイヤは葉と茎を分けて茹でよう

葉の部分と茎の部分は火の通り方が全く違うので、おいしく食べるには葉と茎を別にしてから茹でるのがポイントです。

画像:大橋千珠

葉の付け根の部分に爪を立てれば、葉と茎を簡単に分けることができます。茎はあらかじめ切っておきましょう。

画像:大橋千珠

沸騰した湯に茎を入れて50秒経った頃に、葉を入れて10秒茹でます。すぐザルに取り水気を切ってできあがりです。ポン酢和えや胡麻和えなど、おひたしとして食べるのがお手軽ですね。

 

■茹でモロヘイヤを使った簡単チーズチヂミ

茹でたモロヘイヤは柔らかく、クセを感じにくいので、どんな料理にも合いますが、筆者の子供たちにも「おいしい!」と好評だった“簡単チーズチヂミ”の作り方をご紹介します。

画像:大橋千珠

<材料>

茹でモロヘイヤ・・・・・1袋分

人参・・・・20グラム

卵・・・・・1個

小麦粉・・・・大さじ3

片栗粉・・・・大さじ3

水・・・・・・大さじ3

スライスチーズ・・・1枚

ごま油・・・・・大さじ1

ゆずポン酢・・・・大さじ1

豆板醤・・・・・・小さじ1/2

<作り方>

(1)人参は千切りに、スライスチーズは1cm角くらいに切ります。

(2)ボウルに卵を割り入れ溶き、水、小麦粉、片栗粉を入れてよく混ぜましょう。そこに茹でモロヘイヤ、スライスチーズ、人参を入れてさらに混ぜます。

(3)フライパンにごま油をひき、(2)を入れて両面カリっと焼きましょう。

(4)お好みの大きさに切ったらできあがり! タレは、ゆずポン酢、豆板醤を混ぜて作りましょう。

モロヘイヤやほうれん草などの青菜系は、チーズとの相性がバツグン! 今回はスライスチーズを使いあっさり仕上げましたが、ピザ用チーズを使うともっとコクが出てチーズ感を出せますよ。

 

■モロヘイヤの茎を食べたい場合はスーパーで売っているものを!

スーパーで売っているモロヘイヤは毒性がないと言われているため、茎まで安心して食べることができます。

しかし、家庭菜園で栽培したモロヘイヤの茎は食べても大丈夫か判断しにくいところがあるので、家庭菜園でモロヘイヤを作る場合は葉のみを食べて、茎は食べない方が良さそうです。

 

いかがですか? スーパーで安価で手に入るモロヘイヤ。茎と葉を分けて茹でてしまえば、おひたしでも食べられるし、チヂミにしても簡単に食べられるので、「どうやって食べよう?」と悩んだときには、ぜひ作ってみてくださいね。

 

【画像】

※ 大橋千珠

Recommend今あなたにおすすめ