CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 決して侮るなかれ!夏のおでかけに「砂浜釣り」をオススメする理由

決して侮るなかれ!夏のおでかけに「砂浜釣り」をオススメする理由

画像:衣斐祐佳

夏休みに入り、家族でおでかけ! でも「どこへ行こうかな……」なんてお悩みの方も多いのでは? アウトドアの定番“キャンプ”も良いけど、なかなか準備が大変だったりします。

そこで今回は、初心者でもオススメなアウトドア、“砂浜での魚釣り”をご紹介します!

 

■魚釣りなのに「砂浜」で釣るのはどうして?

魚釣りには、他にも“船釣り”“堤防釣り”“磯釣り”などいろいろな種類がありますが、小さなお子さん連れでも楽しめるのが“砂浜での釣り”の魅力です。

砂浜釣りは、とにかく“安全”! 崖や水深の深い場所があまりないので、親子で行っても安心です。場所選びのポイントは、海水浴場にもなっている砂浜を選ぶこと。釣りをしながら波打ち際で遊ぶのも、また楽しいものです。

魚釣りは、いつでもたくさん釣れるものではないため、子どもが飽きてしまうことも。そんなときでも、砂浜であれば、砂遊びや貝殻ひろいで遊ぶことができますよ!

画像:衣斐祐佳

カニなど、魚以外の生き物がいることもあるので、子どもでも飽きずに楽しめます!

 

■「釣りなんてしたことない…」という方も大丈夫!釣り具は初心者セットを

魚釣り初心者さん用の釣竿が、釣具屋さんで購入できます。価格も2,000円以下で購入できるので、オススメですよ!

仕掛けは、“チョイ投げ”というものを選んでくださいね。エサは、“ゴカイ”というちょっと奇妙な生き物がおすすめです。頑張ってお父さんに針につけてもらいましょう。

あとは、日陰用に“簡易テント”があると良いですね。

 

■「砂浜釣り」を侮るなかれ!おいしい魚がたくさん釣れます

季節によって違ってきますが、後でおいしく食べられる魚がたくさん釣れますよ!

画像:衣斐祐佳

こちらは、砂浜釣りの定番“キス”。天ぷらにするとおいしいですよね。

画像:衣斐祐佳

お刺身もおいしい“カワハギ”。分厚い皮を剥いで食べましょう!

画像:衣斐祐佳

たまには、焼き魚がおいしい、“クロダイ”が釣れることも!

 

■トゲや毒のある生き物には要注意!

砂浜は、危険な場所が少なく安全ですが、“生き物”には要注意。釣れる魚、すべてが安全な生き物とは限りません。毒を持っているもの、トゲがあるもの、鋭いヒレを持つもの、いろいろです。

例えば、こんな生き物は触ってはいけません。

画像:衣斐祐佳

“海毛虫(ウミケムシ)”と呼ばれる生き物。触手に毒があるようなので、絶対に触らないようにしてくださいね。

他にも、“ゴンズイ”“アイゴ”など、危険な魚もたくさんいますので、気を付けながら釣りをしましょう。

初心者さんは、“釣りで釣れる魚の図鑑”を1冊持って行くと安心ですね。持ち運びしやすいようなサイズで販売しているので、荷物にもなりません。色付きの方が参考になるため、フルカラーのものを選びましょう。

釣れた魚を図鑑で調べ、どんな魚なのか、食用なのか、危険ではないか、必ず調べてから触ってくださいね。

 

いかがでしたか? 今年の夏休みはどこへ行こうかと迷っているご家族の方に、オススメの砂浜釣りをご紹介しました。

釣具屋さんで店員さんに相談すれば、購入するものや場所などを教えてくれますので、まずは聞いてみてくださいね。

 

【画像】

※ 衣斐祐佳