CUCURU(ククル) > ライフスタイル > カフェにレンタルスペースも!気軽な交流に『コミュニティカフェかかぽ』

カフェにレンタルスペースも!気軽な交流に『コミュニティカフェかかぽ』

画像:西川奈穂美

“コミュニティカフェ”という場所をご存知でしょうか? 飲食を楽しみながら子育てママや高齢者・障がい者をサポートし、街づくりをするためのスペースです。

というわけで今回は、名古屋市西区にある『コミュニティカフェかかぽ』をご紹介! 一体どんなところなのでしょうか?

 

■名古屋市にあるコミュニティカフェ「かかぽ」って?

画像:西川奈穂美

地域活動・地域自立支援などを行う『一般社団法人しん』が運営する『コミュニティカフェかかぽ』は、障がい者福祉施設としては数少ない、精神障がい者の就労継続支援B型の施設なんだとか。

事務所にはチラシや名刺、HP運営などで働くスペースがあり、入ることはできませんが、カフェスペースは誰でも利用可能。

一般の人もさまざまな交流や活動の拠点となるような工夫がたくさんあります。

 

■カフェ一押し!お得でおいしい「ワンコインランチ」

営業日に毎日やっているワンコインランチ。

画像:西川奈穂美

メニューは日替わりで、その場で作っているので、できたてを食べることができます。全品200円のドリンクもオススメです。

一日10食限定ではありますが、団体利用などを希望の場合は、前日までに予約しておくと多めに作ってもらうことも可能!

画像:西川奈穂美

手作りベーグルもありますよ! カフェスタッフには就労支援として働いている方もおり、交流の場にもなっているそうですよ。

おいしい食事を楽しめる上、地域交流や就労支援の場としても活躍しているカフェなんですね!

 

■ママ会や交流会にピッタリの「レンタルルーム」も!

画像:西川奈穂美

カフェの2階は、レンタルルームとなっています。会合や講座はもちろん、床に座ってくつろげる部屋もあるので、お子さんやベビー連れにも優しい空間ですね。

画像:西川奈穂美

オムツ替えや授乳が必要なときにも利用可能。ミニキッチンがついている部屋もあり、無料Wi-Fi、プロジェクターも使えて至れり尽くせり!

画像:西川奈穂美

食事の持ち込みも可なので、誕生日や季節ごとのパーティにも使えそうですね。

 

■趣味の交流には「レンタルBOX」がオススメ

画像:西川奈穂美

カフェスペースには、“レンタルBOX”という棚があります。一つの仕切りに、月単位で自由に作品を置いて、販売もできるんだとか!

必要なのは空間代だけで、売上はそのまま作者のところに。趣味で少しハンドメイドをしているけど、イベント等に出すのは難しい。そんな方を中心に利用されているようですよ。

『かかぽ』では他にも、自分でカフェをやってみたい方向けにキッチンを貸切る『1DAYシェフ』ができたり、壁に自分の作品を展示できる『カフェギャラリー』があったりと、さまざまな試みが!

自分に合ったイベントやサービスに参加してみると、思わぬ発見や交流ができそうですね!

 

『かかぽ』代表の方は、「たくさんの人に気軽に利用してもらって、健常者と障がい者との交流がもてたらいいな」「精神障がい者は怖くない。自然に出会うことで、何らかの変化が生まれるといいな」そんな思いが込められたコミュニティカフェにしたいとおっしゃっていました。

地域の中のみんなの居場所。気軽にランチやカフェタイムに訪れてみてはいかがでしょうか?

 

<店舗情報>

コミュニティカフェ かかぽ

住所:名古屋市西区市場木町67(地下鉄庄内緑地公園駅1番出口から徒歩3分)
電話:052-502-0711
営業日:火~土曜日(祝日を除く)9:00~18:00(認知症カフェは木曜8:30~10:30)
HP:http://cafekakapo.jimdo.com

 

【画像】

※ 西川奈穂美