CUCURU(ククル) > ライフスタイル > スッキリしてたら逆に不便!? 「玄関」に置いておくと便利なモノ3つ

スッキリしてたら逆に不便!? 「玄関」に置いておくと便利なモノ3つ

玄関は家の顔と言われています。常に人がいる場所ではありませんが、来客や家族が毎日出入りする場所。使用頻度が高い場所です。

常にスッキリさせておきたいエリアですね。そんな玄関には極力モノを置きたくないところではありますが、今回は、筆者が玄関に置いてあると便利だと思うモノを3つご紹介します。

 

■1:印鑑とボールペン

画像:八田和子

荷物の受け取り等で、印鑑を玄関に置いておいている方は多いですね。ただ、筆者の場合は、ボールペンも一緒に置いてあります。筆者のところの回覧板は日付も記入しないといけないので、印鑑とボールペンを一緒に玄関に置いてあります。

筆者は回覧板をよく回しそびれてしまいます。だから、ポストに入っていた回覧板は玄関で靴を履いたままサインして、その足で次の家に回しに行きます。こうすることで、回し忘れ防止になりますよ。

 

■2:フェイスタオル

画像:八田和子

筆者の子どもがまだ小さいころ、外でよく水遊びをしていました。その度に、「お母さん、タオル持ってきて!」と、言われていました。それが面倒で玄関にタオルを置くようにしたんです。すると、玄関で足を拭いて入ってくるようになりました。

最近では、突然大雨が降ることが多く、びょしょぬれで家に帰ってくることもあります。そんな時も、子どもたちは、玄関でタオルで体を拭いてから家の中に入ってきてくれるので、床が濡れることはありません。

画像:八田和子

 

■3:ゴミ箱

筆者はポストから郵便物を取り出したら、家に入るまでの間に必要な郵便、不要な郵便の選別をします。そして、不要なモノは玄関に置いてあるゴミ箱に破棄します。

家の中に持ち込むのは必要な郵便のみです。不要なモノは極力、家の中に持ち込まないことが、モノが溜まらない秘訣です。

画像:八田和子

 

いかがでしたか? 必要なモノは各ご家庭で違います。モノがなくスッキリした家は気持ちが良いですが、スッキリさせすぎて、モノがないことで、かえって不便な生活になってしまうのであれば、意味がありません。

必要なモノは必要な場所に置いて、快適な暮らしをしてくださいね。

 

【画像】

※ 八田和子