CUCURU(ククル) > グルメ > ベルギー王室御用達チョコは「量り売り」!その気になるお値段は 

ベルギー王室御用達チョコは「量り売り」!その気になるお値段は 

画像:レオニダス

関東地区では知られた存在の『レオニダス』。“ベルギー王室御用達”のチョコレート店で、4月に名古屋市の藤が丘駅近くに開店しました!

名古屋で大須店、本山店に次いで3店舗目。郊外店としては初めてです。

 

■ベルギー王室の愛するチョコレート。100グラムおいくら?

すべてベルギー国内でショコラティエが手作りしているので、形が微妙に違っています。“手作り”という感じがとっても伝わってきますね。

日本には、冷凍せずに適温に温度調節されて空輸しているそう。そのため、香りもおいしさも作りたてのまま楽しむことができるんですよ!

画像:かねお友香

かわいらしく並んだチョコたちは、なんと“量り売り”です。100グラム1,296円(9月1日以降は100グラム・1,350円)で1粒から買えるんです。

ベルギー直輸入チョコなのにお手頃です。1粒だけ買って店内でパクッて食べる子どもたちもいるそうです。なんだか贅沢なおやつですね。

画像提供:レオニダス

こちらは『シトロネット』。オレンジピールの砂糖漬けをビターチョコでコーティングした『オランジェット』は日本では一番人気です。この季節だけの『シトロネット』は、数量限定・季節限定商品です。レモンピールをビターチョコレートでコーティングしています。

画像:かねお友香

フルーツゼリーの詰め合わせセットですね。ゼリーもおいしそうです。こちらは常温保存可能なので夏のプレゼントにも良さそう。

画像:かねお友香

この日、筆者が買ってきたのはチョコレートの詰め合わせです。まるでごほうびのようのような、濃厚で優しい味のチョコでした。

写真の上段、右から2番目と3番目が“海の幸”をかたどった『フリュイドメール』です。ミルクとビターがあり、ヘーゼルナッツを練り込んだミルクチョコレート(プラリネ)が中に入っています。

意外と手頃な価格でした。ちょっと気の利いた手土産になりそうですね。

画像:かねお友香

 

お店は、内観も外観も本場ベルギーのお店をお手本にしていて、見た目にもかわいらしいですね。

気になった方は、ぜひのぞいてみてはいかがでしょうか?

 

<店舗情報>

レオニダス名古屋 藤が丘店

住所:名古屋市名東区藤が丘103-2
アクセス:藤が丘駅から本地住宅に向かうバス通りを四軒家方面へ400m
電話・FAX:052-715-4682
営業時間:月曜日~金曜日 11:00~19:00 土曜日・日曜日 10:00~18:00
定休日:不定休
夏季休業:2017年8月14日~8月18日
HP:http://www.leonidas-alex.jp/shops/3179.html

 

【画像】

※ かねお友香

※ レオニダス