CUCURU(ククル) > 美容・健康 > 100均で揃う!プロおすすめ「合理的に間食を止める」アイテム3つ

100均で揃う!プロおすすめ「合理的に間食を止める」アイテム3つ

画像:写真AC

しっかり食事をとった後なのに、「何かおやつなかったかなぁ」と冷蔵庫やパントリーを見にいってしまう……。

こんな時にスナック菓子があろうものなら、あっという間に消えていきますよね。ずっと家にいて手持無沙汰な時に、食後のおやつが日常化すると、体重やお腹まわりも気になります。

今回はエステティシャン歴20年の筆者が、間食がやめられないお客様に提案した鉄板アドバイスの中から、“合理的に別腹を紛らわせることができる100均アイテム”を3種類ご紹介します。

小腹を満たすシリアルビスケットや、マッサージローラーではありませんよ。

 

■1:マニキュア、ネイルアートグッズ

画像:写真AC

家にいて何もすることがないと、つい食べ物が頭をよぎってしまうなら、何か夢中になれる手作業のひとつとしてネイルケアやネイルアートを始めましょう!

これは、時間を忘れて没頭でき、なおかつ“両手がふさがる”ことをするのがポイント。

なのでアクセサリー作りやお顔のパックでもいいのです。終わった後には、食べてしまった罪悪感の代わりに、キラキラの手先があなたを満足させてくれます。もれなく女子力が上がるという効果も!

 

■2:スポンジなどのお掃除グッズ

画像:写真AC

お菓子が食べられない両手がふさがる状況を強制的に作るなら、換気扇などのプチ大掃除や庭の草むしりもおすすめです。やるまでが億劫でちょっと避けたいところですが、重い腰をあげてやってみてください。

「やり出すと確かに夢中になる」「空腹感を忘れる」「手が汚れて、お菓子どころではない」「終わった時の達成感、爽快感がある」と好評でした。もれなくおうちもきれいになるのでこれは定期的にやるといいですね。

 

■3:アルバムなどの写真整理グッズ

画像:野村純子

撮ってはたまる写真を、きれいにアルバムに整理しましょう。お菓子を食べながら作業をすると、食べカスをこぼしたり、手から脂がついたりして、大切な写真を汚すことになるので、テーブル上は飲食厳禁。

1人もくもくと作業するのもいいし、子どもや家族と一緒にその時間を楽しむのもいいですね。写真を見ながら思い出がよみがえり、これまでのいろいろな想いが浄化され、いいリフレッシュになりそうです。

 

いかがでしたか? 何かに没頭している時間は、体内で交感神経が優位になり、食欲が抑えられます。それだけでなく、作業後に女子力が上がったり、家の中がすっきりしたり、達成感が得られればストレス発散にもなって一石二鳥ですね。

キーワードは“没頭する”“手を使う”“達成感”です。ささいな日常の中でも、わくわくする素敵な時間を作ることで、結果としてリフレッシュやダイエットにつながるならうれしいですよね。

『CUCURU』では、お片付けやスクラップブッキングのプロが記事を書いています。ぜひのぞいてみてくださいね。

 

【画像】

※ 写真AC

※ 野村純子