CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 最高に褒められる!4つのパターン別「おしゃれ写真」を撮るコツ

最高に褒められる!4つのパターン別「おしゃれ写真」を撮るコツ

画像:BIBIKO

目でみるキレイなもの、食べ物、人に撮ってもらう時などのライフスタイルの写真を、もう少し可愛くおしゃれに撮りたいなぁ……と思ったことはありませんか?

撮ることも撮られることも大好きな筆者ですが、SNSに発信する写真は構図を考え、見た人がイメージしやすいように心がけています。

そこで今回は、フォトグラファーでもある筆者が、最高の褒められ写真を撮るコツを4つのパターン別に伝授しちゃいます。

 

■1:【人物編】おしゃれな背景を見つけて、被写体は左右にくるようにして、余白をつくる

画像:BIBIKO

街や観光地、写真スポットには色々な場所がありますよね。そのなかでもイラストが描かれていたり、デザインが工夫されていたりする場所がどこかにあるはずです。まずはそのスポットを探してみましょう!

背景が決まったらいざ撮影! 人に撮ってもらうときは、背景を写り込ませるために、左右どちらかに寄りましょう。こうして空間をあけることで顔も背景も写り、いい感じになりますよ。

 

■2:【季節編】季節を感じさせるお花を写り込ませる

画像:BIBIKO

ショッピングしたり、散歩したりしていると、季節を感じさせるお花がありますよね。お花がたくさんあったり、コーディネートされていたりすると、思わず立ち止まって写真を撮りたくなりませんか?

そんな時は、購入したものや、バッグ、靴などを一緒に写り込ませることで、一気に華やかになり、よりイメージしやすく人に伝わりやすい写真になりますよ。

 

■3:【ライフスタイル編】手を写り込ませる

画像:BIBIKO

自分で写真撮るときに、全て置き撮りで撮っていませんか?例えば、食べ物を食べる時、アクセサリーをつける時、それぞれに瞬間がありますよね。

その瞬間をイメージさせるように、手を写り込ませることでより動きが出て、狙いすぎず自然体になりますよ!

 

■4:【スイーツ編】基本は真上から撮る

画像:BIBIKO

女子が大好きなスイーツ! スイーツを撮るときは、食器にこだわりをもったり、お花や雑貨が一緒に写るようにしたりしてみてください。

スイーツは基本華やかなカラーのものが多いので、お花や雑貨と良く合います。そして、真上から撮ると、甘く可愛い世界観を写真いっぱいにすることができますよ。

 

いかがでしたか? フォトグラファーである筆者が、普段どんなポイントで、写真を撮ったり撮られたりしているかのコツをご紹介しました。

ちょっとだけ工夫すると、可愛くおしゃれな写真が記録として残るので、写真撮影もさらに楽しくなりますよね。ぜひ、試してみてくださいね。

 

【画像】

※ BIBIKO