CUCURU(ククル) > グルメ > お家で手軽にお祭り気分♪「屋台の人気メニュー」再現レシピ3選

お家で手軽にお祭り気分♪「屋台の人気メニュー」再現レシピ3選

画像:大橋千珠

7月~8月はお祭りシーズン。毎週のようにどこかでお祭りをしていますよね。そしてお祭りと言ったら屋台。お腹をすかせて、あれこれ食べ歩きするのもお祭りの醍醐味ですよね。

さて、今回はお祭りでも大人気な“きゅうりの一本漬け”、“焼きもろこし”、“たません”の作り方をご紹介します。とても簡単なのでお子様と一緒に作れますよ。お家でもお祭り気分を味わってみませんか?

 

■1:きゅうりの一本漬け

画像:大橋千珠

屋台で売っている、氷たっぷりの中に浸かったきゅうりの一本漬けは、思わずよだれが出てしまいますよね。キンキンに冷えたきゅうりは、体の暑さを抑えてくれるかも!?

<材料>

きゅうり・・・3本

鷹の爪・・・1本

塩・・・小さじ1

昆布茶・・・小さじ1/3

水・・・100cc

<作り方>

(1)きゅうりを洗い、塩で板ずりする(まな板の上で転がす)。鷹の爪は半分に切り、種を取り出す。

(2)袋にきゅうり、鷹の爪、板ずりしたきゅうり、昆布茶、水を入れて1晩置く。

画像:大橋千珠

(3)袋から取り出し、割り箸を刺したら出来上がり。

板ずりしたきゅうりは洗わずにそのまま袋に入れます。浅漬けなのでその日のうちに食べ切ってくださいね。

 

■2:あっさり塩味の焼きもろこし

画像:大橋千珠

夏はトウモロコシが美味しいですよね。トウモロコシをバター醤油で炙って食べると、思わず笑顔になりませんか? バターしょうゆ味もいいですが、あっさりした塩味の焼きもろこしも美味しいですよ!

<材料>

トウモロコシ・・・1本

油・・・小さじ1

水・・・100cc

塩・・・小さじ1/2

昆布茶・・・小さじ1/3

<作り方>

(1)トウモロコシは皮をむき半分に切る。ラップに包み600wのレンジで3分、ひっくり返して3分加熱する。

(2)粗熱が取れたら袋にラップをとったトウモロコシ、水、塩、昆布茶を入れて1晩置く。

画像:大橋千珠

(3)油を引いたフライパンで(2)を焼きやき目がついたら出来上がり。

フライパンで焼くときははねやすいので気をつけてください。バター醤油とは違ったあっさりした旨さを感じていただけるかと思います。

 

■3:名古屋の定番「たません」

画像:大橋千珠

名古屋ではお祭りの王道の“たません”。これは外せませんよね。大判の海老せんべいを買ってきたら、お家でも簡単に作れてしまうのです。

<材料>

大判の海老せんべい・・・1枚

卵・・・1個

油・・・小さじ1

揚げ玉、青海苔、お好みソース、マヨネーズ・・・各適量

<作り方>

(1)油をひいたフライパンで卵から目玉焼きを作る。

(2)大判の海老せんべいの上に目玉焼き、揚げ玉、青海苔、お好みソース、マヨネーズを乗せて出来上がり。

目玉焼きさえ作ってしまえば、あとは大判の海老せんべいに乗せるだけ。子どもと一緒に作ったら楽しいこと間違いなしです。ぜひ試してみてくださいね。

 

いかがですか? お祭りで楽しめるきゅうりの一本漬け、焼きもろこし、たません。ぜひお家で作って、お祭り気分を味わってみてはいかがでしょうか?

 

【画像】

※ 大橋千珠