CUCURU(ククル) > グルメ > 運が良ければお値打ちB級品をゲット!愛知県小牧市の「桃」直売所

運が良ければお値打ちB級品をゲット!愛知県小牧市の「桃」直売所

画像:写真AC

みなさん『しのおかの桃』というブランドの桃を食べたことはありますか?

全国的にも有名な『しのおかの桃』ですが、実は愛知県小牧市で明治時代から栽培されている桃のブランドのことなんです。小牧市では、しのおかの桃以外にもたくさんの品種が栽培されており、品種と農家さんによりますが、6月から8月中頃まで販売されています。

でも、桃って高いですよね……。なかなか手軽に食べられるものではありません。

しかし、桃の特産地である小牧市には、農家による直売所があちらこちらにあり、直接購入できるため、かなりお得なんです!

 

■直売所ならではのB級品が買える!

小牧市の直売所では、今日収穫したばかりの新鮮な桃が買えることはもちろんのこと、見た目のいびつな桃や虫食い跡のある桃がお買い得価格で買えるんです! これは直売店ならではですよね。

B級品とはいえ、自宅に持ち帰って家族で食べるのであれば、全く支障のないほどの傷ばかりです。少々の傷であれば気にしない!という方は、絶対にお得ですよ。

ただし、B級品が直売所に並ぶかどうかは運次第。タイミング次第では出会えないときもあります。そんなときは、直売所の方に「次はどの品種でいつ頃から出荷するのか」を直接聞いてみることをオススメします。

 

■桃の直売所って、どこにあるの?

小牧市の桃花台方面へ行く道中にはたくさんの桃の直売所があります。大きな道路に看板が立っていますので、すぐに見つけられますよ。

直売所の多いルートは以下の通りです。

・春日井駅から桃花台へ行く途中の春日井市桃山付近。小牧市高根付近。桃花台付近。

・小牧インターから桃花台へ行く途中の小牧市上末付近。下末付近。大草・篠岡付近。

 

■桃農家が教える!「桃のおいしい食べ方」とは

画像:そよかぜ/PIXTA

せっかく買った新鮮な桃、どうせなら一番おいしい方法で食べたいですよね?

というわけで、筆者の友人の桃農家さんに“桃のおいしい食べ方”を教えてもらいました!

「基本は常温で保存します。冷蔵庫で長く保存すると甘味を感じにくくなるためです。桃がやわらかくなったら、食べる2時間くらい前に冷やして“むいたらすぐ食べる”のが一番おいしい食べ方です」とのこと。

みなさんも経験があると思いますが、桃は皮をむくとすぐに茶色に変色してしまいますので、食べる分量だけ少しずつ切って食べるのが良いですね。

2時間も待てない!という方には、裏ワザを。氷水をいれたボールで15分ほど桃を冷やすと、それだけでおいしく冷えた桃になりますよ!

 

いかがですか。筆者も桃が大好きで、食べるときは丸ごとかぶりついてしまいます。そんなおいしい桃が安く食べられるなんて嬉しいですよね。ぜひ、小牧市の直売所を探してみてください!

 

【画像】

※ 写真AC

※ そよかぜ/PIXTA

※ @NamI

Recommend今あなたにおすすめ