CUCURU(ククル) > ライフスタイル > ちょっとの工夫でOK!オシャレに見えるストールの巻き方のコツ

ちょっとの工夫でOK!オシャレに見えるストールの巻き方のコツ

20161031kuriki01

秋深くなり、朝晩も肌寒くなってきましたね。

そんな時にささっと使えて、使わない時もたためばすぐにしまえてとても使えるアイテム“ストール”。

とても便利なアイテムですが、「ぐるぐる巻くだけなのに自分がするとオシャレに見えない……」「同じ巻き方をしているはずなのに、なぜか垢ぬけない……」と思いませんか?

ストールはちょっとした巻き方のコツを覚えれば、オシャレさが格段にアップできるアイテムなんです。そこで今回は、パーソナルスタイリストとして活動している筆者が、誰でもオシャレに見えるストールの巻き方を伝授します。

 

■1:ストールでこなれ感を出すには、「最初の持ち方」がポイント

ぐるぐる巻いているだけなのに、オシャレに見える人と、見えない人の違い……それは“持ち方”が最初のポイントです。

対角線上の端と端を持って、斜めに長さを出して巻き出します。これだけで、空気感と長さがプラスされるために巻きやすく、こなれ感が出やすくなります。

対角線上に斜めに持たずに真っ直ぐの状態で持って巻くと、厚みが出過ぎてしまいます。

 

■2:首元には、少しゆとりを持たせて

対角線上でストールを持ったら、首に巻きつけるの際にもきつく巻き過ぎないのがポイントです。

上の写真のように、顔に近過ぎると、詰まった印象に見えますよね。

首元に少しゆとりを持たせて、ゆったり目に巻くのがポイントです。ほんの少しのことですが、首元にゆとりのあるこちらの方がこなれ感も出てきます。

 

その他、シャツなど襟があるアイテムなら、襟をストールの中から出してもまた違う雰囲気で楽しめますよ。

 

ほんのちょっとしたコツでオシャレに見えるストールの巻き方。とても簡単なので、ぜひあなたもお手持ちのストールでいますぐ試してみて下さいね!