CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 汗タラ…でもファンデ崩れない!夏のドロドロを防ぐメイクの裏技3つ

汗タラ…でもファンデ崩れない!夏のドロドロを防ぐメイクの裏技3つ

歩いているだけで汗がにじむ季節になりました。朝ばっちり化粧をして出かけても、お昼にはもう崩れてきて、「今からこんなんじゃ、真夏が怖い……」と不安を抱いている人もいるのでは?

ずっとキレイな肌でいたいけど、極力メイク直しの手間は省きたい。そんな人のために、崩れないベースメイクのテクニックを『美レンジャー』の過去記事からご紹介します。

 

崩れないベースメイクのためにスキンケアに一手間

化粧をする前のスキンケアに“一手間”加えると、ベースメイクが崩れにくくなります。

過去記事「舞台女優のテクで“夏のドロヨレ顔”回避!崩れないメイクのコツ4つ」によると、ベタつく夏は肌が潤っていると勘違いされがちですが、紫外線や冷房のダメージが重なって乾燥状態にあります。まずはしっかり保湿を。その後、ティッシュを顔に当てて余分な油分をオフしましょう。

 

ファンデーションの前にルースパウダーを!

下地を塗り終わったら、ファンデーションの前にルースパウダーを少しだけのせましょう。

過去記事「ピタッと密着!湿気MAXでも“1日崩れないベースメイク”朝の秘策」によると、ルースパウダーをTゾーンや目尻、小鼻、ほうれい線など崩れやすい部分にのせるだけで、ファンデーションが崩れにくくなるそうです。これはルースパウダーは余分な皮脂や油分を吸着してくれるためなんだとか。

 

厚塗りはNG!顔の中心部に薄く塗る

ファンデーションは厚塗りすると崩れやすくなるので、薄く塗ることを心がけて。

過去記事「夏のスポ女子へ!汗をかいても崩れない“ヘルシーメイク”魔法の流儀」によると、生え際やフェイスラインギリギリまで塗る必要はありません。顔の中央部分にだけ薄く塗りましょう。

 

汗でベースメイクが崩れていたら、まわりから「うわ、汚い……」なんて思われてしまうかも。今回ご紹介したテクニックをぜひ取り入れてみてくださいね。

 

 

Recommend今あなたにおすすめ