CUCURU(ククル) > グルメ > お惣菜もおにぎりも全品50円!名古屋の『50円おにぎり食堂』安さの秘密とは

お惣菜もおにぎりも全品50円!名古屋の『50円おにぎり食堂』安さの秘密とは

画像:夏目佳代

毎日違ったおかずを作るのは大変。たまには楽したいという時もありますよね。とはいえ、外で買ってくるとそれなりに値が張るので躊躇してしまいませんか?

そんな時に、ぴったりのお店が名古屋市中村区の中村区役所の北西角にある『50円おにぎり食堂』。お惣菜もおにぎりも激安で買えるのだとか。

今回は、そんなお財布に優しくて温かい『50円おにぎり食堂』をご紹介します。

 

■10種類以上のお惣菜とおにぎりが全て50円

画像:夏目佳代

『50円おにぎり食堂』は、入口からもその温かさがほっこりと伝わってくるような、地域の方や区役所職員に愛されているお店です。

お店に一歩足を踏み入れると、お惣菜のいい香りがしてきて、お腹が鳴ってしまいそう。ズラーっと並べられたお惣菜は全て手作りで、常に10種類以上が置いてあります。

画像:夏目佳代

1人分の小皿に盛りつけられたお惣菜たちは、どれもおいしそうで、全部食べたくなってしまいそうですが、安心してください。全部食べても大丈夫。なぜなら、全て一品50円なんです!

画像:夏目佳代

しかも、お惣菜だけでなく、おでんも一つ50円。赤だしも一杯50円なんですよ。

 

■握りたてのおにぎりも種類が豊富

画像:夏目佳代

店主が握るおにぎりはふわふわで具材も豊富。梅、昆布、おかか、ちりめん山椒、めんたいこ、いなり寿司があり、その他に日替わりの物もあります。

筆者が訪れた時には、“とうもろこしごはん”のおにぎりがあり、甘くてとてもおいしかったです。

 

■どうしてこんなに安いのか

画像:夏目佳代

全て50円という破格の値段の裏には、店主の温かく熱い想いがあります。

子どもの貧困が社会問題になり、そんな子どもたちにご飯を提供する『子ども食堂』を開きたいと思った店主は、子どもだけでなく、一人暮らしの高齢者や社会的弱者の方たち、地域の方などが集まれるコミュニティ食堂にしたいと考え、このような形態にされたそう。

また、店主自身も辛い時期があり、その時に助けてもらった恩返しをしたいとの想いもあるそうです。

筆者が訪れている間にもたくさんの方が来ていました。一人で来てもお店の真ん中にある大きな一枚板のテーブルに座ると、なんだかお隣の人に話しかけたくなるような温かい空気が広がっています。

また障がい者の方の就労支援なども行っていて、本当に地域や社会のためにこのお店が開かれていることが伝わってきます。

 

一度訪れたら、また行きたくなってしまう優しい味のお惣菜に温もりのある『50円おにぎり食堂』。

お惣菜やおにぎり、赤だしはお持ち帰りもできるので、育児に疲れて、ちょっと今日は手抜きしたいなって思うママにもピッタリのお店です。店内で全て手作りされているので安心して食べられるのもいいですね。

 

<店舗情報>

50円おにぎり食堂

住所:愛知県 名古屋市中村区竹橋町36-31
営業時間:11:00~14:00
定休日:土、日、祝日

 

【画像】

※ 夏目佳代