CUCURU(ククル) > グルメ > スルッと気持ちいい!包丁を使わず「綺麗に桃の皮をむく」コツ

スルッと気持ちいい!包丁を使わず「綺麗に桃の皮をむく」コツ

画像:大橋千珠

これから桃が美味しく食べられる時期。ケーキ屋さんでも丸ごとの桃を使ったメニューが目を引くようになりました。丸くてジュワッとした桃、一口かじると甘い果汁があふれて思わず笑顔になりますよね。

桃を丸かじりしてもいいですが、みんなで食べたい時は切り分けたい! そういう時、桃を包丁でむいてませんか?

今の時期、出回っている桃は指で簡単にむけるんです。品種によっては手でむけにくいものもありますので、むきにくいものは湯むきをしましょう。今回は桃の皮のむき方、切り方をご紹介したいと思います。

 

■くるっとひねるだけ!上手な種の外し方

画像:大橋千珠

(1)アボカドと同じように半分に切ります。

画像:大橋千珠

(2)種の部分まで切ったら、そのまま優しく持ってくるっとひねります。力を入れると潰れてしまうので注意が必要です。

画像:大橋千珠

(3)半分をさらに半分に切り込みを入れてひねります。

画像:大橋千珠

(4)さらに半分に切り込みを入れてひねるとコロッと種が取れます。

半分になったところで種をスプーンですくって取る方法もありますが、テクニックが必要なので、今回ご紹介したやり方のほうが失敗がないです。

 

■指でするっと超簡単!皮のむき方

画像:大橋千珠

桃を綺麗にカットしたら、続いて皮をむきましょう。

お尻の方(白っぽい方)から皮を持ってピラッと外します。ヘタのついていた部分から皮をむくとむけやすいです。しかし中には皮がむきにくい品種もあります。そんな時はトマトでおなじみの“湯むき”がオススメです。

次で“湯むき”の方法をご紹介します。

 

■桃を「湯むき」する方法

画像:大橋千珠

(1)冷水を用意します。

画像:大橋千珠

(2)桃を半分に切り、沸騰した湯に入れて10秒泳がします(10秒以上はNGです。桃に火が通ってしまいます)。

(3)その後、すぐ冷水に出します(冷水にすぐつけないと桃が煮えてしまいます)。

画像:大橋千珠

(4)皮をむきます。

画像:大橋千珠

(5)お好みの大きさに切って出来上がりです。

気持ちいいほどするするむけますので、皮がむきにくい品種の桃に出会ったら、ぜひお試しくださいね。半分に切って手でむいて、むけないとわかってからでも湯むきができるので安心ですよ。

 

いかがですか? 桃を贅沢に丸かじりするのもいいですが、みんなで楽しく食べたい時には綺麗に皮をむいて、切り分けてみてくださいね。

 

【画像】

※大橋千珠