CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 面倒な写真整理が楽しく!スクラップブッキングのメリット2つ

面倒な写真整理が楽しく!スクラップブッキングのメリット2つ

画像:ゆきか

写真整理をしていて、こんなことでお悩みではありませんか?

たとえば、旅行や運動会などのベストショットをたくさん撮ったのはいいけれど、イベントが終わって家に帰ると写真のことなんて忘れてしまい、デジカメの中に撮り貯めたデータが入ったままになっている……。

あるある!とうなずいた方のために、名古屋でスクラップブッキング講師を務めている筆者が、楽しく写真整理を行う秘訣をご紹介します。

 

■写真整理がなかなかできない理由は?

そもそも、イベントから帰ったあとは疲れてしまって、「何もしたくない」というのが本音ではないでしょうか?カメラをパソコンなどにつなげて印刷したり、データをCDやDVDに保存したりすることは、意外と面倒で、ついつい後回しにしがちだからです。

さらに、データは日にちがたつほど、思い出の鮮度も薄れていき、そうなると余計に後回しになり、結局カメラにはいろいろな場所で撮ったデータがそのままになってしまう……という寂しい状態になるのです。

しかし、鮮度が薄れた写真でも、あるちょっとした一工夫をすることで写真整理が楽しくなる方法があるんです。

それが“スクラップブッキング”です。

スクラップブッキングとは、写真をきれいに残すことを目的としたクラフトアートです。以下の画像がスクラップブッキングです。

 

■スクラップブッキングのメリットは?

画像:ゆきか

スクラップブッキングには次のような2つのメリットがあります。

<メリットその1>

1つめは、作るときにお気に入りの写真を選ぶため、その写真が撮られた時の思い出がもう一度よみがえることです。これきっかけに、思い出を共有している家族との会話も広がります。

<メリットその2>

そしてもう1つは、作ることでストレス解消になるということです。筆者はスクラップブッキングの講師として5年以上の経験があり、数百名の方にスクラップブッキングを教えてきました。

多くの生徒さんから、スクラップブッキングというモノづくりをすることによって、子育て家事に追われる日々から離れ、仕事のことを忘れて、「自分の世界に没頭で楽しい時間を過ごせる」「ストレス解消になる」という声を耳にします。

何かを作っている時は、ついつい夢中になったりしませんか? それは自分だけの世界を作っているとも言い換えられます。

今の世の中は携帯電話やスマホなど、外から邪魔される世界で成り立っています。まわりからの影響を受けない自分だけの環境を作ることで、ストレス解消になるというメリットもあるのです。

 

とはいえ、スクラップブッキングは、一見難しそう……と感じますよね。そんなことはありません。簡単なポイントを押さえれば、誰でも簡単に写真を素敵に彩ることができます。

次回は、スクラップブッキングの基本の4つのポイントをご紹介しますね。

 

【画像】

※ ゆきか