CUCURU(ククル) > 美容・健康 > プロが教える!すぐに「姿勢を良くする」たった2つのポイント

プロが教える!すぐに「姿勢を良くする」たった2つのポイント

スマホやパソコンを長時間使用する方の中には、猫背や姿勢の悪さに悩む方も多く、見た目が美しくないだけでなく“肩こり”や“腰痛”になってしまう方もいます。

姿勢を良くする方法やポイントを実践しても、気を抜くとすぐに猫背になってしまったりして、なかなか治せないという方も多いのではないでしょうか?

今回は、『一般社団法人 体力メンテナンス協会』の体力指導士を務める筆者が、姿勢を作る際に意識するだけで格段に姿勢が良くなるポイントをお伝えします。

 

■2つのポイントを意識するだけで見違える!

画像:鈴木祥子

上の写真の姿勢を見て、良い姿勢に見える方もいるかと思います。実際、背筋も伸び良い姿勢を取る意識ができている立ち方となっています。

多くの方が、良い姿勢を取ろうと意識したときに、このような姿勢になっている場合が多いです。

ここからより良い姿勢になるポイントを意識して、姿勢を取り直してみます。すると……、

画像:鈴木祥子

先程と比べていかがでしょうか。体軸がしっかりとして、より良い姿勢に見えませんか?

このとき、意識したポイントはたった2つ!

(1)耳の位置

(2)手のひらの位置

こちらの2つを意識して姿勢を作りました。次に具体的な方法をご紹介します。

 

■ポイント1:耳は肩の真上へ!

良い姿勢を取ろうとしても、顔が前に突き出しているような方が多くいます。

それは、スマホやパソコンなどを長時間使用する方に多く、顔が前にせり出すような姿勢になっています。

頭はとても重いので、少しでも前に出てしまうと細い首で支えるのが難しくなり、顔が前にせり出した状態でキープされてしまいます。こうなると、体の重心は前に行きがちになり首に負担がかかりやすく、肩こりや頭痛に悩まされる原因になる場合も。

姿勢を意識するときには、首を上に伸ばすイメージで、頭を首の骨にしっかりと乗せます。体を横から見たときに、耳と肩が一直線になるよう意識してください。

そうすることで、首から頭が上に伸びていく感覚を意識しやすくなりますよ。

 

■ポイント2:手のひらの位置は真横に!

画像:鈴木祥子

そしてもう1つのポイントは手のひらの位置。

手のひらは、体の真横に置くようなイメージです。体の前面に手のひらがあると、肩が内側に入り、猫背になりやすくなります。

手のひらを意識して体の真横に置くようにすることで、自然と肩も開きやすくなっていきますよ。

 

いかがでしょうか?

ほんの少しだけ意識するポイントを変えるだけで、良い姿勢は簡単に作ることができます。

耳と手のひらの位置を意識して、良い姿勢をキープしてくださいね!

 

【画像】

※ 鈴木祥子