CUCURU(ククル) > 今知りたい情報 > 400人もの奏者が集う!『全日本津軽三味線競技会』が渋カッコイイ

400人もの奏者が集う!『全日本津軽三味線競技会』が渋カッコイイ

画像提供:土田真由美

昔は年配の方のイメージが強かった、将棋や三味線、民謡などの日本の伝統文化。しかし昨今では、藤井四段の快挙や“和楽器バンド”が人気を集めるなど、若者たちを中心に再び盛り上がっていますね。

そんな日本文化の代表ともいえる“津軽三味線”の大きな大会が、7月30日(日)に愛知県名古屋市で開催されるそうですよ!

 

■気軽に津軽三味線が聴けるイベント『全日本津軽三味線競技会』

画像提供:土田真由美

毎年、愛知県名古屋市・金山の『日本特殊陶業市民会館』で行われる『全日本津軽三味線競技会』をご存知ですか?

『全日本津軽三味線競技会』は、下は幼稚園児、上は70歳以上の方まで約400人が名古屋に集結し、腕を競い合う津軽三味線の大規模な大会です。青森県をはじめ東京、大阪各地で開催されています。

今年で11回目の開催となるこの大会。大会といっても腕を競うだけでなく、津軽三味線や津軽民謡、さらには津軽手踊りまで、1日中楽しむことができるイベントです。もちろん大会出場者でなくても来場OK!

 

■『全日本津軽三味線競技会』のココがオススメ!

画像提供:土田真由美

津軽三味線の大会ではありますが、津軽民謡や手踊りも楽しめるこの大会。普段触れることのない津軽の伝統芸能を一挙に味わうことができます。

また、大会審査員はプロの津軽三味線奏者の方々が担当していますが、大会中に“三味線バトル”と銘打ったプロの演奏を聴くこともできます。プロの演奏は圧巻の一言。一聴の価値ありですよ!

 

1日かけてたっぷりと津軽三味線を楽しめる『全日本津軽三味線競技会』。

生音で聴く機会のあまりない“津軽三味線”、この機会にぜひ生の迫力と日本の伝統に触れてみてはいかがでしょうか?

 

<開催情報>

全日本津軽三味線競技会

日程:2017年7月30日(日)
時間:開場9:30 開演10:00~ 20:30
場所:日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール(名古屋市民会館中ホール)
住所:愛知県名古屋市中区金山1-5-1
電話:全日本津軽三味線協議会名古屋大会実行委員会 052-846-8080
入場料:前売り2,500円 当日3,000円
HP:http://nagoya-t.jimdo.com/

 

【画像提供】

※ 土田真由美