CUCURU(ククル) > グルメ > クリスマスが楽しくなる!可愛くて簡単「雪だるま」レシピ3選

クリスマスが楽しくなる!可愛くて簡単「雪だるま」レシピ3選

画像:藤波久仁子

街はクリスマス一色。大きなツリーやイルミネーションがキラキラしてとてもキレイですよね。

お家でも、そろそろツリーやリースを飾ったり、クリスマスパーティーに向けて考えたりする頃かと思います。想像するだけで楽しくなりますよね♪

そこで、クリスマスのお弁当やパーティの食事が楽しくなる、簡単で可愛い雪だるま3種類の作り方を、食育メニュープランナーの筆者がご紹介します。

 

■1:「うずら卵」の雪だるま

画像:藤波久仁子

(1)うずら卵2個と、それらをつなげるための 揚げパスタやピッグなどを用意します。お家にあるものでなら、爪楊枝を適当な長さにカットして使うのもいいですよね。

(2)雪だるまの目と口には、海苔を使ってください。

(3)ほっぺには、ケチャップを付けます。

※あれば、とんがり帽子のピッグをさすと可愛いですよ♪

 

■2:「ポテトサラダ」の雪だるま

画像:藤波久仁子

(1)ジャガイモを茹で、マッシャ―などで潰します。

(2)(1)でつぶしたジャガイモを、マヨネーズ・塩コショウなどで味を調えます。

(3)(2)の適量をラップにのせて丸め雪だるまの形に整えます。頭の方を小さめに作ると良いです。

(4)雪だるまの目・口・ボタンには、海苔を使います。

(5)帽子は、赤ウインナーをボイルしてから適当な大きさにカット。その後ピッグでさしとめます。

 

■3:「いなり寿司」の雪だるま

画像:藤波久仁子

(1)寿司あげ1枚に40gの酢飯を用意します。

(2)酢飯をだいたい半分に分け、ラップで包み丸くにぎり、雪だるまの形を作ります。 頭の方を少し小さめにすると良いです。

(3)寿司あげのフチを、内側に折り込みながら詰め込む。

画像:藤波久仁子

(4)雪だるまの目・口・ボタンは、海苔やスライスチーズなどで作り、ほっぺは、ケチャップや桜でんぶを付けます。

(5)雪だるまのマフラーは、カニカマや薄焼き玉子を巻いてください。揚げパスタで手をつけても可愛いですよ。

(6)帽子は赤ウインナーをボイルして、適当な大きさにカット。そしてスライスチーズを細くカットし赤ウインナーのフチに巻いてください。出来上がった帽子は、ピッグでさしとめます。スライスチーズは、冷蔵庫から出して少し時間をおくと 巻きやすくなりますよ。

 

食材を丸めたりする作業は、小さいお子様でもお手伝いできますので、一緒に作って準備をすると、2倍楽しいかもしれませんね♪ 今年のクリスマスの食事では、いつもと違う可愛い雪だるまでお出迎えしてはいかがでしょうか。

 

【画像】

※ 藤波 久仁子