CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 捨てられずに溜まってない?「服を手放すべきか」判断する方法3つ

捨てられずに溜まってない?「服を手放すべきか」判断する方法3つ

お洋服の整理に頭を悩ませている方はとても多いはず。クローゼットやタンスの中に、たくさんの洋服が詰め込まれ、何から手を付けたら良いのか途方に暮れている……。そんな方を、筆者はたくさん見てきました。

たくさん服があるのに、実際着ている服は決まったものばかり。ずっと着ていないけど、なかなか捨てるタイミングが分からず、クローゼットに入ったままの洋服をかかえている方がたくさんいらっしゃいます。

今回は、捨てようかどうしようか迷っている服がある方に、3つのアドバイスをお伝えします。

 

■1:一度着てみて今でも似合うか確認する

画像:写真AC

長い間着ていない服は、一度着てみることをオススメします。意外とシミがついていたり、色あせていたりすることもあります。まだ着られるかどうか確認してみましょう。

筆者は昔よく着ていたお気に入りのスーツが手放せませんでした。当時は自分によく似合っていたので、またいつか着たいと思っていました。でも今着てみると、全く似合っていませんでした。

年齢とともに似合う服も変わってきます。鏡に映った自分をしっかり見つめてみてください。その服、今の自分に似合っていますか?

 

■2:ワンシーズン目のつくところに置いてみる

画像:写真AC

お洋服の整理をしていると、存在を忘れていた服が出てきます。または、一度しか着ていない服もあるかもしれませんね。そんなお洋服は、ワンシーズン様子を見てみましょう。

クローゼットのいつでも目につく位置に掛けておいてください。すぐに手の届くところに置けば、よく着るようになるかもしれません。

 

■3:痩せたらまた着たい!と思っている服には捨てる期限を設けてみる

画像:八田和子

出産前に着ていた服を「いつか痩せたらまた着たい!」と思って残していることって結構ありませんか?

もし、その服を見ることでダイエットの励みになるのであれば、その服は持っておいても良いですね。その服を着ている自分を想像しながら、ダイエットを頑張りましょう。

ただ、ダイエット、ダイエット、と言っていても実際に行動にうつさない方が多いのも事実。この場合は、1年以内、2年以内と期間を設けた方が良いですね。その期限までに痩せられなければ、その服は手放しましょう。

もしかしたらダイエットに成功したら、昔の服ではなく、新しいお洋服が欲しくなると思いますよ!

 

いかがでしたか? いろんな理由から捨てられない服があると思います。

ただ、着ていない服であふれたクローゼットは、開けるたびに憂鬱になります。自分の好きな服、自分をステキに見せてくれる服が並んだクローゼットは、気分も上げてくれます。ぜひこの機会に、迷っているお洋服と向き合ってみてください。

 

【画像】

※ 写真AC

※ 八田和子