CUCURU(ククル) > グルメ > 準備も後片付けも不要!プロが焼く「本格アメリカ式BBQ」のケータリング

準備も後片付けも不要!プロが焼く「本格アメリカ式BBQ」のケータリング

夏といえば、やっぱりバーベキュー! スーパーでスライスされたお肉を買って、網で焼いて……。

ちょっと待った! 実はそれ、“日本式”のバーベキューだということをご存知でしたか? 本場アメリカのバーベキューはひと味もふた味も違います。

というわけで今回は、名古屋で気軽にアメリカ式のバーベキューが楽しめる、ケータリング式のサービスをご紹介します。準備も後片付けも必要ないというから驚きです!

 

■そもそも、「アメリカBBQ」と「日本BBQ」の違いは?

画像:Yuka Inayoshi

一般的な日本のバーベキュースタイルというと、薄切りのお肉を網焼きにする、いわば“お外で焼肉スタイル”が主流です。

薄切りのお肉は火も通りやすく、焼いてすぐに食べることができますが、ちょっと慌ただしく、バーベキューコンロを囲んで食べることが多いですよね。

一方アメリカのバーベキューは、主に“かたまりのお肉”をじっくり調理するスタイルです。バーベキューコンロも日本のものとは形が違い、大型で蓋つきタイプのコンロが主流。そして、焼き終わったものをみんなでテーブルについて食べます。

 

■「BBQのケータリングサービス」とは?

画像:Yuka Inayoshi

バーベキューのケータリングサービスは、面倒な準備も後片付けも不要。手ぶらで参加できちゃうんです! グリルやシェフが出張し、アメリカの豪快なバーベキューをふるまってくれます。

名古屋市天白区の『Riverside Club(リバーサイドクラブ)』では、本場アメリカのバーベキューをこよなく愛するTroyさんと奈美さんがバーベキューのケータリングサービスを経営しています。

15名から利用可能で、要望があれば会場の提供もしているとのこと。

 

■実際のBBQパーティーにお邪魔しました!

ちょうど週末にバーベキューパーティーが開かれるということで、さっそくお邪魔しました!

画像:Yuka Inayoshi

この日は、大人と子ども合わせて約30人のパーティー。

会場は『Riverside Club』の手作りウッドデッキ! 想像していたバーベキューとすでに様子が違います。

画像:Yuka Inayoshi

お肉以外にも、Troyさんの料理がテーブルに所狭しと並びます。Troyさんの故郷・アメリカの懐かしい味が再現されているそう。なんと全10品! お手製のディップソースで食べるチップスや、燻製ほぐしポークなど、日本のBBQではなかなか味わえないものばかりです。

画像:Yuka Inayoshi

Troyさんが2台のバーベキューコンロを使って作る“ウイスキーチキン”。じっくりと燻製焼きにしたチキンは、外はパリッと、中はジューシー! 時間を掛けて調理しなくては出せない味わいです。

そして本日のメインはこちら。なんと5時間かけて焼き上げたスペアリブ! これぞアメリカBBQ!といった、大迫力の見た目です。

画像:Yuka Inayoshi

パーティー参加者の方も、「今までのBBQとは全く違う、初めて食べるおいしいものばかり。とても楽しい」と、大満足の様子でした。

 

買い出しや下ごしらえなど、パーティー1回につき3日かけて準備をするTroyさん。アメリカのバーベキュー大会の審査員資格を持ち、バーベキュースクールも開講するほどのまさに“バーベキューのプロ”ですね。

そんなプロが振る舞ってくれる、ダイナミックでボリューム満点のアメリカバーベキュー、一度食べたらもう“日本式バーベキュー”には戻れないかも!?

 

<店舗情報>

Troy’s American BBQ Riverside Club(リバーサイドクラブ)

住所:愛知県名古屋市天白区梅が丘5-2601
TEL:090-2923-6735
営業日:週末1日1組限定
人数:15名から予約可能
HP:http://troymiller2006.wixsite.com/americanbbq

 

【画像】

※ Yuka Inayoshi