CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 「一緒にしんで」「冷やし中華にマヨネーズ」名古屋あるある6選

「一緒にしんで」「冷やし中華にマヨネーズ」名古屋あるある6選

画像:写真AC

冷やし中華が食べたくなるほど、日中は暑くなってきましたね。

ところで、冷やし中華に“マヨネーズ”をかけますよね?  え? かけない? 筆者はかけるのが当たり前だと思っていました。マヨネーズをかけない人が大半ということを大人になってから知りました。でらやばいがん、私。

というわけで、今回はそんな“名古屋あるある”をご紹介します。

 

■名古屋ならではの「あるあるネタ」

・「めいだい」といえば、名古屋大学。明治大学のことではない!

名古屋駅を「めいえき」と略すように、名古屋大学のことを、「めいだい」と言います。でも実は、関東では「めいだい」と言えば明治大学なんです!

・どこ出身?と聞かれ、「名古屋」と答える

他県の方は、普通“都道府県単位”で答えますよね。東京とか大阪とか。でもなぜか「愛知県出身です」とは言わない私たち。「名古屋」の方がピンと来やすいんですね。

・「平針に行く」=「自動車本免試験を受けに行く」

愛知県の運転免許試験場は、愛知県名古屋市天白区平針にあります。名古屋人は、運転免許試験を受けに行くことを、「平針に行く」と言います。

・名古屋駅の「金時計」で待ち合わせなのに、エスカレーターの上から眺めている人がいる!

“金時計”は名古屋駅での待ち合わせの定番。みんなが金時計で待ち合わせしてしまうので、お互いに金時計の下にいるにも関わらず、探しきれないことがしばしば。

そんな経験から、例えば同窓会など複数人で集まるときに、金時計を見渡すことができるエスカレーターの上でスタンバイをして、“金時計に集まる友人達を上から眺め、電話をかけてくる人”がグループに1人は大抵います。

・『天才クイズ』や『中学生日記』に出た、もしくは、出た友達がいる

筆者の周りでは、CBCテレビの『天才クイズ』出演者が2人、NHK名古屋放送局の『中学生日記』出演者が3人。そして撮影のためのロケ地として家を貸し出したというご家庭が1軒。結構な確率でいます。

ただこれは、名古屋に転勤等で引っ越してきた方にはあまりピンとこないよう。幼い頃から名古屋に住んでいる方限定のあるあるかもしれませんね。

・開店祝いの花は、オープンセレモニーの後に持ち帰ってしまう!

名古屋駅『JRゲートタワー』に初出店した東京のお店。こちらの社長さんが先日とても驚いていました。

「花が取られていく! え? なに? ビックリした! 59年生きてきて人生初の体験を目の当たりにした!」

名古屋の開店花事情を初めて知ったようで、名古屋の洗礼を受けた社長さんでした。

 

いかがですか?

最後に名古屋のみなさん、「一緒にしんで!」ってよく言いますよね? 「言うよ!」というあなたは、普段から名古屋弁を使いこなしている方ですね。他県の方がこれを聞くと「一緒に死んで!」という意味に勘違いしてしまうそうです。

ちなみに名古屋弁の「一緒にしんで!」とは、「一緒にしないで」という意味。決して、「一緒に死んでほしい」という意味ではありませんので、悪しからず!

 

【画像】

※ 写真AC

Recommend今あなたにおすすめ