CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 口ずさんだらチャンス!子どもの英語教育を始めるポイント~その2~

口ずさんだらチャンス!子どもの英語教育を始めるポイント~その2~

画像:ぱくたそ

みなさんは、自分の子どもが英語を話せたらいいな、と思いますか? 現在、小学校の5、6年生では「外国語活動」として英語が取り入れられていますが、文部科学省によると、2020年まで英語教育が完全義務化されるとのことです。

これから本格的に、子どもたちに必須となってきますが、今から習わせるべきか迷いますよね。

前回「英語講師が伝授!子どもの英語教育を始めるポイント~その1~」では、英語の始め時のポイントとして“ママの都合がつく時”であるとお話ししました。必ずしも早くから習わせるのではなく、継続できることが大事ということでしたね。

今回は、もう一つのポイント“子どもが興味を持った時”という点についてお話ししたいと思います。

 

■子どもが英語に興味を持った時

画像:イラストAC

子どもにとって無理に習わせても興味がなければ継続しません。続かなければ結局英語を忘れてしまうので、結果的にムダになってしまいます。

また「子どもが英語に興味を持ったかどうか、どのように見分ければいいの?」「子どもに興味を持ってもらうためにはどのようにしたらいいの?」と、よく質問をいただきます。

年齢が小さい子どもの場合は、文字よりも音に興味を示すので、テレビ番組や英語の歌のCDなどをかけてみるなど、まずは耳で英語に触れる環境をつくってみましょう。

大したことは必要ありません。身の回りにある、できる範囲の環境でいいのです。言葉にならない(英語にならない)音を子ども自身が喜んで口ずさんでいたり、楽しそうに見たり、踊ったりしていたら、チャンス。

また、もし話せる年齢であれば、本人に意思を確認したうえで体験レッスンなどに行ってみましょう。子どもによっては、人と同じことをすることが嫌いなタイプがいたり、慎重な性格で、知らない場所や知らない人の中に入るのが苦手な子もいたりします。

そのような子に無理は禁物。無理やり連れて行ったり、始めたりしないようにしましょうね。まだ、その時は“始めるタイミングではない”、ということです。

 

■子どもが英語に興味を持つために家でできること

画像:ぱくたそ

子どもが英語に興味を持つため、ぜひ、お家でやっていただきたいことがあります。

英語の歌のCDなど、お母さんにも一緒に歌ってもらいたいのです。お母さんの声で一緒に楽しむことで、子どもも英語との距離を縮めやすくなります。

「私は英語ができないから、私が歌ったらいけないのではないか」「歌が下手だから、子どもに下手な歌を聴かせたくない」「英語の発音わからないから、変な発音を真似しちゃうのではないか」と、不安に思われるお母さんたちが多いです。

でも、心配しないでください。子どもたちはちゃんと聞き分けています。

重要なのは、あなたの発音や歌が上手かどうかではなく、あなたの声で一緒に楽しむこと。

子どもの前で、あなたは英語の先生ではなく、お母さん(お父さん)ですよね。そのままのあなたで一緒に歌ったり、遊んであげたりください。

子どもはあなたの英語の発音は真似をせず、ちゃんと本物の発音を覚えてくれますから心配はいりませんよ。

 

いかがでしたか? 英語を身に付けるためには早い方がいいからと言って、無理に習わせると本末転倒になりかねません。

まずは家で英語の音やリズムを楽しむことを取り入れてみてくださいね。それが、英語教育の第一歩です。

 

【画像】

※ ぱくたそ/イラストAC