CUCURU(ククル) > グルメ > くぼませても失敗する!? 肉汁ジュワ~なハンバーグを作る一工夫

くぼませても失敗する!? 肉汁ジュワ~なハンバーグを作る一工夫

画像:CUCURU編集部

CBCラジオ『キラママ de CUCURU』(毎週月~金 夕方17:22頃放送)。東海エリア最大級のママコミュニティ『キラキラママ☆プロジェクト(通称:キラママ)』と、女性のための地域密着型情報サイト『CUCURU(ククル)』がコラボした、ママのための情報発信番組です。

パーソナリティは、平野裕加里さん。出演は『キラキラママ☆プロジェクト』の元気なママたち。

6月の木曜日に登場するのは、野菜を美味しく食べる方法を教えてくれる料理研究家、そして「内側から素敵な人になる」をコンセプトにした『Bonito bonita』を主催する榊原妙さんです。今週は“失敗しそうな料理、うまくいくコツ”についてお聞きしました。

 

■1:ハンバーグ、真ん中をくぼませても失敗することがある

画像:榊原妙

失敗しがちな料理というと、やっぱり定番はハンバーグですかね?

「料理教室では、ハンバーグを作れる女子になりたい!という生徒さんがすごく多くて。でも生焼けになってしまうことで。よくあるのが、真ん中をくぼませて焼きましょうと言うのですが、くぼませても失敗してしまうことがあるんですよ(笑)」

なんなんですか、じゃああれは(笑)

「なので、両面ほどよく焼いたらオーブンに入れて、予熱が必要ですが180°で10分ほど加熱すれば、どの大きさでも、いくつ入れても、肉汁がジュワ~っていう感じのハンバーグが出来上がるんです。真ん中をくぼませなくても、まん丸のハンバーグが美味しくできるんですよ」

180度で10分、それだけで!? やってみる!

 

■ハンバーグに入れる玉ねぎの代わりに、「セロリ」がおすすめ!?

「もう一つハンバーグの中に入れていただきたい野菜があるんです。セロリはお好きですか?」

大好きです!

「野菜スティックでセロリを食べると、節から下の部分を食べますが、実はセロリって上の葉っぱの部分にお日様がよく当たるので、葉っぱの栄養価が高いんです。捨ててしまうとすごくもったいないんです。

なので、その葉っぱの部分をみじん切りにして、オリーブオイルで炒めて、最後にバターで香りづけしたものを、玉ねぎの代わりに入れてください。ハンバーグの栄養価も上がりますよね。玉ねぎよりもセロリにβ-カロテンが含まれていて美味しいので。

そしてセロリの独特の香り成分で、お肉の臭みが本当に取れます。お肉と同じ量のセロリを入れてもいいくらいです」

セロリ負けしないですか?

「負けません! 子どもがすごく美味しいと言ってくれるんです」

 

■2:焦げやすい…ホワイトソースを失敗させない方法

あと、もう一つ失敗すると言ったらホワイトソースじゃないですか?

「子どもも安全に作れる黄金比率があります。

・薄力粉または強力粉・・・大さじ1

・バター・・・大さじ1

・牛乳・・・1カップ

・塩・コショウ

以上です。これを一気に入れるのではなく、耐熱のボウルに粉とバターを入れて電子レンジで600wで1分くらい加熱していただくとバターが溶けるので、粉とバターを泡立て器で混ぜて、ちょっとずつ牛乳を入れて伸ばしていきます。伸ばしたらラップをして600wで2~3分加熱すれば完成です」

それだけでいいの?

「そうなんです。ものすごくなめらかな焦げ一つないホワイトソースができます。また、冷凍保存もできるので、平らに薄く伸ばしてちょっと筋を入れていただければ、ココットでグラタンにする、オムレツにかけることもできます」

 

ステキですね! 失敗しがちなハンバーグやホワイトソースでも、これなら簡単にできそうです。ぜひ試してみてください!

 

『キラママ de CUCURU』は、「radiko(ラジコ)」で聴取することができます。(※放送後1週間まで聴取可能です。エリア内は無料で聴取いただけますが、エリア外はプレミアム会員登録が必要です。スマートフォンの場合はアプリダウンロードが必要です。詳細はhttp://radiko.jp/まで)

【6月15日(木)放送】

 

<今日の出演ママ情報>

榊原 妙(さかきばら たえ)

『Bonito bonita』主催。「簡単&キレイ」をコンセプトに料理研究家として幅広く活動中。Facebookページ:https://www.facebook.com/Bonito-bonita-563018793868188/

 

<番組情報>

CBCラジオ キラママ de CUCURU

放送日時:毎週月曜~金曜夕方17:22頃
ラジオ公式HP:http://blog.hicbc.com/radio/kiramama/

 

【画像】

※ CUCURU編集部

※ 榊原妙