CUCURU(ククル) > グルメ > 時短でふっくらもっちり!トウモロコシは「レンジで加熱」がオススメ

時短でふっくらもっちり!トウモロコシは「レンジで加熱」がオススメ

画像:photo AC

夏、子どもの好きな野菜の一つトウモロコシ。これからの時期は特売で安く手に入るようになりますよね。皆さんはトウモロコシはどのように加熱しますか? 鍋で茹でますか? 蒸しますか?

面倒臭がりな方にオススメな加熱方法は“レンジ”です。出来上がりまでの時間が短いのも魅力です。

トウモロコシは鮮度がすぐ落ちて甘みが薄くなるので、鮮度の良いうちに(買ってきたらすぐに)加熱するのがオススメです。今回はトウモロコシをレンジで簡単に加熱する方法と、トウモロコシ炊き込み御飯の作り方をご紹介します。

 

■超簡単!「皮ごと」レンジでチン

画像:大橋千珠

トウモロコシは薄い皮2~3枚を残して(ひげは切っておく)、600wのレンジで4分間加熱。ひっくり返して3分加熱。レンジから取り出すときに熱々なので気をつけてくださいね。

出来上がりはもっちりした歯ごたえで甘みが感じられます。

 

■ふっくらプチプチの食感!「皮をむいてラップ」してレンジでチン

画像:大橋千珠

トウモロコシを洗いたい方は、ラップで包んでチンする方法もあります。

画像:大橋千珠

皮をむいて、ひげも取って半分に切り、ラップで包みます。ラップは両端は閉じずに開けておいてください。そうしないとレンジで加熱中に破裂してしまいますので要注意!

600wのレンジで3分間、ひっくり返して3分間加熱します。

画像:大橋千珠

ふっくらプチプチの食感です。トウモロコシは加熱した後、空気に当たるとトウモロコシの実がしわしわになりますが、この加熱方法ですと、ラップで包んでいるのでしわしわになりにくいです。

鍋を出さなくても良いので、レンジで簡単に加熱できるのはいいですよね。次は生のままお米と一緒に炊き込むトウモロコシご飯の作り方のご紹介です。

 

■芯ごと炊くのがポイント!トウモロコシの炊き込み御飯の作り方

画像:大橋千珠

トウモロコシご飯

<材料>

トウモロコシ・・・1/2本

米・・・2合

塩・・・小さじ1/2

 

<作り方>

(1)トウモロコシは生のまま実をこそげます。

画像:大橋千珠

(2)米を研ぎ、分量の水を入れて塩、こそげたトウモロコシの実、トウモロコシの芯を入れます。

画像:大橋千珠

(3)そのまま炊飯器で炊飯します。

画像:大橋千珠

(4)炊飯したら芯を取り出し、全体的に混ぜれば出来上がりです。

芯を入れて炊き込むことによって、トウモロコシの旨味がご飯に入り込み美味しくなりますよ。

 

■だしを入れてスープにしても美味しい

また、スープを作る時も同じで、実をこそげたトウモロコシ、芯を入れて一緒に煮ます。

画像:大橋千珠

トウモロコシ1/2本に対して、混合だし400ccと塩小さじ1/2入れて煮たら美味しいスープの出来上がりです。

画像:大橋千珠

 

いかがですか? トウモロコシが手に入ったら薄皮ごと、もしくは皮をむいてラップをしてレンジで加熱してみてください。

とっても簡単だし、洗い物がなくていいので時短になりますよ。また、生のトウモロコシが手に入ったらやってほしいのは炊き込み御飯。芯ごと炊き込んで旨味を閉じ込めてみてくださいね。

 

【画像】

※ photo AC

※ 大橋 千珠