CUCURU(ククル) > ライフスタイル > どうしたら上手くいく?男女間のコミュニケーションをラクにするコツ

どうしたら上手くいく?男女間のコミュニケーションをラクにするコツ

画像:CUCURU編集部

CBCラジオ『キラママ de CUCURU』(毎週月~金 夕方17:22頃放送)。東海エリア最大級のママコミュニティ『キラキラママ☆プロジェクト(通称:キラママ)』と、女性のための地域密着型情報サイト『CUCURU(ククル)』がコラボした、ママのための情報発信番組です。

パーソナリティは、平野裕加里さん。出演は『キラキラママ☆プロジェクト』の元気なママたち。

6月の水曜日に登場するのは、バツイチ子持ちで10歳年下の男性と再婚。44歳で3人目を産んだ“結婚ナビゲーター”の水嶋葵さんです。今週は、“男と女の考え方の違い”についてお話をお聞きしました。

 

■男性と女性は根本的な思考の仕方が違う!

最近気づいてきているんですが、男の人と女の人って根本的な考え方が違いますよね。

「はい。よく専門家の方が脳の構造が違うというようなことを言いますよね」

だから、結婚していて旦那さんのことがわからないというのは、当たり前のことなんですよね。

「そうです! 極端の話、わかり合おうと思わなくてもいいんです(笑)」

男性脳と女性脳があるわけですか?

「はい。私も今まで何百人と接してきたんですが、多くの男性に共通しているのは“解決思考”であること。よく、女性が愚痴を言うと、男性から“じゃあ結論は何なの?”っていう態度がにじみ出ていることありませんか?」

あります! “じゃあ会わなければいいのに”とか言われたり。

「結論を出したがるんですね。“こうすればいいのに、何でそんなにグチグチ言っているの?”みたいな。ただ、女性同士だと、延々に愚痴を言いたいという人もいるじゃないですか」

女性の場合は、答えが出ない、むしろ出ているというか、ずーっと同じこと言っていますよね(笑)

 

■女性は「共感思考」の傾向が強い

画像:CUCURU編集部

「そうですね。女性の場合、答えはきっと自分の中にあるんですよね。それを言ってほしいんではなく、“いかに私が大変か”“いかに私が我慢しているか”をわかってほしい。女性は“共感思考”の傾向が強いんです。

なので女性はコミュニケーション能力が長けていると言われますよね。人の気持ちを悟ったり、表情だけでわかったり。でも男性の場合、言っちゃいけない一言をぽろっと言っちゃう人もいませんか?」

あります! “全然わかっていない”ということあります。

「鈍感ですよね。でもそういうものだと思うしかないです。そういうものとして、わかっていると楽ですよ」

 

■相手のタイプに合わせたコミュニケーションを

男女の違いってそんなに大きいんですか?

「大きいと思います。でも、女性でもたまに男性脳の方がいらっしゃいます。グチグチ言わないタイプの人だと、あ、この人は男性脳なんだな、ということがわかるし。

私の夫がそうなのですが、男性の方でも“なんで俺の気持ちわかんないんだよ!”という方もいます。それは女性脳ですね。

性別というよりは“タイプ”という感じですね。自分がどうかというよりは、相手がどういうタイプなのかということを踏まえて、相手に合わせたコミュニケーションをとっていくのが大事なんですね。

「そうです。なので、女性も共感してほしいのなら、結論の見えない愚痴を言う前に、“ちょっと聞いて。今日大変なことがあって……あ、でも、結論はいらないの。今日は慰めてほしいの!”と言えばいいんです。そしたら、“そうなんだね”と受け入れますよね」

 

いかがでしょうか? 男性脳の“解決思考”と女性脳の“共感思考”。その違いを知っておくだけでも、お互いにコミュニケーションがとりやすくなるはずです。相手のタイプはどちらなのか考えてみてはいかがでしょうか。

 

『キラママ de CUCURU』は、以下のリンクボタンより、「radiko(ラジコ)」で聴取することができます。(※放送後1週間まで聴取可能です。エリア内は無料で聴取いただけますが、エリア外はプレミアム会員登録が必要です。スマートフォンの場合はアプリダウンロードが必要です。詳細はhttp://radiko.jp/まで)

 

<今日の出演ママ情報>

水嶋 葵(みずしま あおい

バツイチ子持ちで10歳年下の旦那様と再婚。44歳で3人目を産んだ奇跡の幸せ結婚ナビゲーター。ブログ:http://ameblo.jp/aoihitomi0126/

 

<番組情報>

CBCラジオ キラママ de CUCURU

放送日時:毎週月曜~金曜夕方17:22頃
ラジオ公式HP:http://blog.hicbc.com/radio/kiramama/

 

【画像】

※ CUCURU編集部