CUCURU(ククル) > 今知りたい情報 > 5万株が咲き誇る圧巻の光景!三河湾を望む『あじさい祭り』開催中

5万株が咲き誇る圧巻の光景!三河湾を望む『あじさい祭り』開催中

画像:Cafeくろねこ

毎年6月の1ヶ月間、愛知県蒲郡市『形原温泉・あじさいの里』は、大勢の花見客で賑わいます。植栽された5万株のアジサイを観に、約10万人もの来訪者があるんです!

筆者も毎年訪れている『あじさい祭り』、今年も一足先に楽しんできましたので紹介します。

 

■入り口をくぐれば、見渡す限りのあじさい

画像:Cafeくろねこ

ご覧の通り、敷地内に入ると目の前にあじさい畑が! その風景は圧巻で、観光バスで訪れていた多くの来訪者からも感嘆の声が聞こえてきました。

画像:Cafeくろねこ

右手には、抹茶とお菓子を楽しめるスペースもあり、美しいあじさいを眺めながらゆったりと過ごすことができるようになっています。

順路を進んでいくと、途中にかき氷や冷たいドリンクの販売もあり、蒸し暑い日にはそちらもオススメです。売店では、色とりどりのあじさいを購入することもできますよ!

画像:Cafeくろねこ

上へ上へとあがっていくと、また別のあじさいの植栽スポットが広がっており、どこを写真に撮っても絵になる風景です!

画像:Cafeくろねこ

丘の上まで登りきると、“チャレンジの鐘”なる鐘が設置されており、海を一望しながら鳴らすことができます。

こちらの鐘は、蒲郡がアメリカンズカップベースキャンプ地だった時、ヨット出港の安全を祈るため鳴らされたものだそうで、今では、あじさい畑にその音色が響き渡っています。

画像:Cafeくろねこ

続いて丘を下りて、池の周りを歩くと、美しい鯉たちが優雅に泳ぐ姿が! 周りに咲き誇るあじさいを眺めながらのんびり散策できます。

画像:Cafeくろねこ

一周しながら入り口に戻る道沿いには、『日本あじさい展』と題されて、100鉢余りの大鉢が展示されています。一つ一つに品種名が書いてあり、その種類の多さや珍名の数々の驚きの発見もありますよ!

画像:Cafeくろねこ

 

■夜も楽しめる『あじさい祭り』

画像:Cafeくろねこ

こちらの『あじさいの里』では、昼間だけでなく、期間中毎日、夜9時30分まで楽しむことができます。日没からのライトアップによって、昼間とは全く異なる幻想的な雰囲気に包まれます。

さらに、夜7時30分頃からは、『ほたるの宿』と呼ばれる場所にて、運がよければ大量のゲンジボタルの鑑賞をすることができます。観光客のみなさんもこの時ばかりはおしゃべりを中断して、静かにその光景に吸い込まれているようでした。

 

期間中、お抹茶や『日本あじさい展』などの催し、ライトアップにほたる鑑賞までできる『あじさい祭り』。この機会に是非、きれいに咲き乱れるあじさいを満喫しにいってみてください!

 

<開催情報>

愛知県蒲郡市 形原温泉・あじさいの里『あじさい祭り』

期間:2017年6月1日(木)~2017年6月30日(金)
会場:形原温泉あじさいの里(蒲郡市金平町一ノ沢28-1)
交通:駐車料金 500円 名鉄バス東部では、形原温泉(愛知県蒲郡市)の『あじさい祭り』開催に合わせ、蒲郡駅から形原温泉までの臨時バスを運行します。期間中の土日は、お帰りの1便夜間運行も実施します。
料金:入場料金 300円 ※中学生以下無料、障がい者手帳提示(本人付き添い1名)無料
HP:http://www.katahara-spa.jp/ajisai/

 

【画像】

※ Cafeくろねこ