CUCURU(ククル) > グルメ > 低カロリーでひんやり!マシュマロで簡単に作れるおやつレシピ

低カロリーでひんやり!マシュマロで簡単に作れるおやつレシピ

画像:野村純子

体重やお腹まわりのサイズが気になるときには、クリームたっぷりのスイーツではなく、果物の方が低カロリーでヘルシー……。

でも、「分かっちゃいるけどやっぱりスイーツが食べたい」「いちごやメロンは好きだけど、カットして食べるだけじゃ何となく物足りない」と悩むときもありますよね。

今回は、エステティシャンである筆者が、そんなお悩みを解決する“マシュマロを使った低カロリーおやつ”の作り方をご紹介します。

 

■シンプルすぎる材料と作り方をご紹介!

画像:野村純子

<材料(市販のプリン容器1個あたり)>

マシュマロ・・・20g

牛乳・・・40g

お好みのフルーツ・・・適量

<作り方>

(1)小鍋にマシュマロと牛乳を入れて弱火にかけると、沸騰する前にマシュマロが溶けはじめます。完全にマシュマロが溶けて牛乳としっかり混ぜ合わせたら、容器に流し入れます。

(2)粗熱が取れたところで、冷蔵庫に入れ3時間ほど冷やします。するとムースのようなフワフワのカップデザートのできあがり。

マシュマロに含まれるゼラチンと砂糖のおかげで、牛乳と合わせるだけで固まるのです。固さの調節は、マシュマロを増やすなどしてお好みに合わせてくださいね。

画像:野村純子

 

■気になるカロリーは…?

今回使用したのは、一般的なホワイトマシュマロと牛乳。マシュマロは20gで約67kcal、牛乳は40gで約17kcal、合わせて84kcalでした。

ダイエット中に、デザートをやめてリンゴやほうじ茶だけで食欲が落ち着くなら、それに越したことはありません。

ですが、どうしてもスイーツが食べたくなったときに、シュークリーム(平均250~300kcal)やドーナツ(平均300~400kcal)を買って食べることに比べたら、大幅なカロリーダウンになるでしょう。

また、このように少し手を加えるだけで、牛乳とマシュマロを別々に食べるよりも“スイーツ感”が出て満足感も高まりますよ!

 

■ほうじ茶や、旬の素材でアレンジも!

マシュマロを溶かしている小鍋に、人気上昇中のほうじ茶をティーバッグで淹れてみましょう。“ほうじ茶ラテ風ムース”ができます。

画像:野村純子

また、ホワイトマシュマロではなく、いちごマシュマロを使うだけで“いちごムース”にもなります。砂糖もいちごも必要ありません。また、季節のフルーツを飾るとパフェみたいで彩りもきれいですよ。

もっと簡単に作りたい方は、耐熱性カップに材料を直接入れて、レンジで加熱することもできます。分量は画像を参考に、カップの6分目を目安にマシュマロと牛乳を入れて加熱してくださいね。電子レンジでの加熱のしすぎにはご注意ください。

画像:野村純子

 

いかがでしたか? ダイエット中でも、これなら妥当なラインと言えそうです。簡単なので、ぜひ親子で一緒に作ってみてくださいね。

 

【画像】

※ 野村純子