CUCURU(ククル) > グルメ > 1杯に完熟桃が3つも!恵那川上屋の「桃のフローズン」が贅沢すぎる

1杯に完熟桃が3つも!恵那川上屋の「桃のフローズン」が贅沢すぎる

画像:野村純子

桃がおいしい季節になりました。この季節限定で味わえる、桃を使ったスイーツが次々と登場するとわくわくします。

今回は、名古屋市千種区にある『恵那 川上屋 星ヶ丘店』で毎年人気のデザートドリンク‘‘桃のフローズン’’をご紹介します。

 

■岐阜県で7店舗展開している栗きんとんで有名な『恵那川上屋』

画像:野村純子

岐阜県恵那市に本社を構える『恵那川上屋』は1964年の創業で、今では代名詞とも言えるほど“栗きんとん”で有名なお店です。旬の素材の色や香りや食感などを活かして、伝統的な和菓子が提供されるほか、モンブランや焼き菓子などの洋菓子もあります。

岐阜県内には7店舗、催事の出店を除けば愛知県では星が丘店の1店舗のみとなります。

 

■飲む完熟桃!?ミルクも氷も不使用

‘‘桃のフローズン’’に使用するのは、長野県にある契約農園から直送した完熟の桃だけ。お店の方に、収穫直後に瞬間冷凍させたという果肉を見せていただきました。これだけでも十分おいしそう!

できあがりの見た目はシェイクかスムージーのようですが、他と違うのはミルクや氷を全く使わないこと。ミキシングしやすいように少量のシロップを加えますが、桃本来の甘さを邪魔しないようにしているそうです。

もちろん着色料も香料も無添加。だから桃のフローズンは“ほぼ100%桃”なのです。

画像:野村純子

口に広がる香りも、とろけるような食感も、桃そのままのおいしさを味わうことができます。最後の方で溶けてしまっても、桃ジュースとして楽しめます。

完熟桃を贅沢に3つも使っているのに、400円(税込)とはコスパも最強ですね。

 

■お持ち帰りできる桃のデザートは?

桃のフローズンと同じ契約農園の完熟桃を使ったデザートが他にもありました。

画像:野村純子

‘‘完熟桃のゼリー’’(1個144円税込)は、ほんの少しだけ洋酒が香ります。つるんとした透明ゼリーではなく、フローズンと同じ風味で、果肉感たっぷりのとろけるようなゼリーです。

お店の方によると、凍らせてから半解凍で召し上がるともっとおいしいそうですよ。

 

混雑する時間帯は?

画像:野村純子

お店にはテラス席のテーブルが3つあるので、購入したものをその場でいただけます。平日の15時頃は近くの大学から学生さんが星ヶ丘駅に向かうため、人通りが賑やかになり、テラス席もちょうど満席になりました。

なお、桃のフローズンは売り切れることのないように用意されているとのことですが、19時オーダーストップですのでご注意ください。

 

いかがでしたか? シンプルだからこそ、桃だけで勝負しているフローズンドリンク。桃のフローズンは6月より現在販売中で、8月はお盆あたりまでの予定で期間限定とのことですので、お見逃しなく!

 

<店舗情報>

恵那川上屋 星が丘店

住所:愛知県名古屋市千種区星ヶ丘元町15-5 星が丘テラス ザ・キッチンG2
電話:052-789-1030
営業時間:10:00~8:00(年始を除いて無休)
駐車場:星が丘駐車場(お買い上げ金額に応じてサービス有)
HP:http://www.enakawakamiya.com/

 

【画像】

※野村純子