CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 物が溜まりがちな人は、「片付け=捨てる」という考えを捨てるべし

物が溜まりがちな人は、「片付け=捨てる」という考えを捨てるべし

画像:CUCURU編集部

CBCラジオ『キラママ de CUCURU』(毎週月~金 夕方17:22頃放送)。東海エリア最大級のママコミュニティ『キラキラママ☆プロジェクト(通称:キラママ)』と、女性のための地域密着型情報サイト『CUCURU(ククル)』がコラボした、ママのための情報発信番組です。

パーソナリティは、平野裕加里さん。出演は『キラキラママ☆プロジェクト』の元気なママたち。

6月の金曜日に登場するのは、住む場所を快適にプランニングする住空間プランナー、お片付け・収納のプロである幸せ収納デザイナーの八田和子さんです。今週は、“片付けるために捨てるという考え方をまず捨てる”ということについてお聞きしました。

 

■片付けでは「捨てない」で「好きな物を選ぶ」

物が山ほどある時、まず何からやればいいんですか?

「片付けというと、大体皆さん“捨てるんでしょ?”と言うんですが、私がご提案する片付けは、捨てるのではなく、好きな物・必要な物を選ぶことなんです。というのも日本人にとって捨てるということは、結構ハードルが高くて、なかなかできないんです」

“もったいない”の国ですもんね!

「はい。また“今日は片づけるぞ!”という日には捨てることができても、なかなか続かなくて、また物が増えていくという繰り返しの方も多いんです。

なので、そういう方には違う発想として“好きな物を選ぶ”ということをおすすめしています。まずは、全部物を出します。そこからいらない物を探して見つけるのではなく、自分の好きな物を選ぶんです。

例えば、食器を全部出して、好きな物を選んでみてください。そうするとそんなに好きな物の数が無いと思うんですよね。なので、それプラス必要な物を選んでください。5人家族なら家族分とか。そして残った食器については、欠けちゃった物など確実に捨てられると思う物は手放してください

実は、この“好きな物”と“必要な物”の2つだけで十分に生活ができるんです。まずはそれだけで生活をしてみてほしいです」

 

■捨てるべきか迷う物は「迷いの部屋」に集める

「次に“迷う物”がたくさんあると思います。“あったら使うんだけどな”と思う物です。もらった物とか景品とか」

あります! 夏はこれいるかな~……と思って結局使っていないアイスクリーム用の食器とか。

「ありますよね。それは捨てるのではなく、一旦“迷いの物”として、“迷いの部屋”を作ってそこに集めてください」

食器棚には戻さないんですね。

「戻さないんです。そこで生活をしてみて、意外と無くても大丈夫だなと思えれば、迷っている物でもいらない物として分けることができます。

逆に“選んだ物が使いづらい”ということもあると思うんですよ。そういう時に、もし“迷いの部屋”が無くて捨ててしまうと、もう取り戻せなくなりますよね。そして“あの時やっぱり捨てなければ良かった~”と後悔するんです。

そうすると、その後悔が物への執着に変わるんですよ! “やっぱり捨てちゃダメ”と」

そっか~!

「結果、“やっぱり使うかもしれない”と思ってしまって、過去の失敗から物が捨てられなくなってしまうんです。でも、一旦は隣の部屋などに置いておけば、選び直せるんです。

そういうことをやっていくと、迷っている物が“いる物”なのか“いらない物”なのかが捌けていくようになります」

 

いかがでしょうか? 片付けでは“捨てずに選ぶこと”。もし物がどんどん溜まって悩んでいる人はぜひ実践してみてくださいね。

 

『キラママ de CUCURU』は、「radiko(ラジコ)」で聴取することができます。(※放送後1週間まで聴取可能です。エリア内は無料で聴取いただけますが、エリア外はプレミアム会員登録が必要です。スマートフォンの場合はアプリダウンロードが必要です。詳細はhttp://radiko.jp/まで)

 

<今日の出演ママ情報>

八田 和子(はちだ かずこ)

幸せ収納デザイナー1級。住空間プランナーエキスパート。「捨てる」ではなく好きなモノを「選ぶ」楽しい片付け方の伝授。CUCURUライターとしても活躍中。ブログ:https://ameblo.jp/gizumodaisuki/ CUCURU記事一覧:https://cucuru.media/archives/author/hachida

 

<番組情報>

CBCラジオ キラママ de CUCURU

放送日時:毎週月曜~金曜夕方17:22頃
ラジオ公式HP:http://blog.hicbc.com/radio/kiramama/

 

【画像】

※ CUCURU編集部