CUCURU(ククル) > 今知りたい情報 > ママの使い道も広がる!? 需要殺到中「ドローンスクール」で操縦体験に挑戦

ママの使い道も広がる!? 需要殺到中「ドローンスクール」で操縦体験に挑戦

画像:@NamI

ここ数年、“ドローン”と言えば、どういう物か頭に浮かぶまでに普及してきたと思いませんか? とはいえ、実際に触ったことのある人は少なく、まだ身近な存在とは言い難いですよね。

そこで今回は、愛知県にある産業用ドローン操縦士養成スクール『ドローンスクールジャパン 愛知春日井校』にお邪魔してきました。

筆者が実際に体験してきましたので、これからの日本を担うといっても過言ではないドローンの可能性についてレポートいたします!

 

■筆者もドロンジョに!初めてでも大丈夫…?

こちらの養成スクールでは、基本的な操縦方法から専門的なコースまであります。もちろん、主婦や会社員など趣味で飛ばしたい方もOKです。お子さんのスポーツや旅行先など、成長過程をドローンを使って撮影する人もいるというから、使用方法は無限大です。

ちなみにドローンを操縦する女子を「ドローン女子」→「ドロンジョ」と言うそうですよ(笑)

さっそく筆者も体験。まずは映像でのシミュレーションで操縦の練習をします。

画像:@NamI

その後、実物で操縦するのですが、初めて操縦するときに思ったのが「ドローンを壊したらどうしよう」「ぶつかったらどうしよう」「怖い」。

でも大丈夫。実は、レッスン用のドローンの操縦機には、インストラクターもサポートできるように、2つで1組の接続がなされていますので、万が一の時でも安心。たとえば、壁(網)にぶつかりそうな時、インストラクターの操縦に一瞬で切り替わり、「もらいまーす」「どうぞ」と声を掛けてサポートしてくれるんです。

画像:@NamI

筆者が特別に操縦させていただいた白色のドローンは安定性があり、極端にいうと高さを決めたら、操縦機から手を離しても、その場にヘリコプターのようにホバリング(※)してくれます。

画像:@NamI

筆者が記念撮影に応じで後ろを振り向いても、その場に滞在しているドローン。おりこうさん。目視で操縦はもちろん可能ですが、モニターを見ながら、ドローンからの目線で操作も可能。風圧で音もかっこよく迫力満点です。

(※)空中で停止していること

 

■追跡機能があるドローンも!運動会に役立つかも!?

ドローンにも多種多様な機能がついているものが、どんどん開発・発売されています。

このグレーのドローンは、持ち運び便利な折りたたみで、とてもコンパクト。さらには、追跡機能も付いているんです!

画像:@NamI

逃げても逃げてもドローンが目を向けてくる(追いかけてくる)……。距離を一定に保つ機能も付いていますので、ぶつからず安全な位置で動画を撮り続けてくれます。

例えば、お子さんのサッカーの練習風景など、追跡機能に息子さんを設定すれば、ずっと追いかけて撮影してくれそうですね。運動会の時は、子どもを見失って、知らない子が映ってることもしばしば……の筆者にとっては嬉しい機能。ただし、ドローンでの撮影が可能かどうかは確認して許可を取ってくださいね。

 

■ドローンによる人命救助に立ち会ったことが運命の出会い

画像:@NamI

なぜドローンスクールを始めようと思ったのか、代表取締役の梅原さんに伺いました。

彼がカンボジアでマリンスポーツの仕事をしていた時のこと。ジェットスキーを借りた観光客が、返却時間を過ぎ、さらに日没を過ぎても真っ暗な海から戻らずに困り果てていたところ、知り合いのドローン操縦士が、赤外線カメラを搭載したドローンを使用して、海の上を捜索してくれたそうです。

しばらくすると、エンジントラブルで岸まで辿りつくことができず遭難していた観光客を見事発見。GPSも備わっていたためにその場所を特定することができ、無事救助することができたそうです!

梅村さんにとってドローンとの初めての出会いが“人命救助”。そこからドローンのことをもっと知りたいと思い、日本に帰国してから本格的に学び、魅力に取りつかれて今に至るそうです。

正直、ドローン操縦士養成スクールがこんなに需要があるとは思わず、今となっては行政などからも問い合わせがくるなど、寝る暇もなく対応に追われているのだとか。

 

■現状の用途とこれからの需要は?

画像:@NamI

今のところ、産業では、建設業(家屋、トンネル・橋・高速道路点検)、測量、太陽光パネル点検、農薬散布、スポーツの試合撮影、結婚式、セキュリティー、消防庁、警察庁、 などたくさんの分野で必要とされています。

海外では、すでに実用化が始まると言われています。ネズミ捕りのように、速度オーバーの車のナンバーをとらえたり、火災や、災害時に出動したり。さらにはドローンデリバリーやタクシーなども生まれているのだとか。

これからのニーズは増すばかりですが、現在ドローン操縦士は少ないのが課題です。操縦は重くもないし、年齢も性別も関係ありません。

ドローンの操縦が可能であれば、万が一、災害が発生した時には、道がふさがって車が通れなかったり橋が壊れてしまったりした時の物資の輸送が、あなたの手で可能になるかもしれませんよ。

 

活躍の場は多岐に亘るドローン。ぜひ今から操縦士を目指してみてはいかがでしょうか。

 

<施設情報>

ドローンスクールジャパン 愛知春日井校

住所:愛知県春日井市味美西本町2263-5
TEL:0568-34-0106
メール:info@drone.aichi.jp
HP:http://www.drone.aichi.jp

 

【画像・動画】

※ @NamI

※ ドローンスクールジャパン 愛知春日井校