CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 腱鞘炎に悩むママは多い!楽ちん抱っこの仕方&おすすめストレッチ

腱鞘炎に悩むママは多い!楽ちん抱っこの仕方&おすすめストレッチ

画像:Taka / PIXTA(ピクスタ)

赤ちゃんとの生活は、目が離せない、睡眠時間も短くなりがち……などで大変な反面、日に日に大きくなる子どもの成長に嬉しい気持ちになりますよね。

ですが、どんどん大きくなる我が子を長い時間抱っこしていることで、腱鞘炎に悩まされているママも多いです。

そこで今回は一般社団法人体力メンテナンス協会で産後指導士を務める筆者が、おすすめの抱っこの仕方&ストレッチをお伝えいたします。

 

■肩こりから腱鞘炎に?

画像:写真AC

子育て中のママに多いのが肩こり。

慣れない抱っこを長時間していることや妊娠中から筋力が低下していることで、子育て中のママは猫背の姿勢になりがちです。

背中が丸くなった猫背は、肩をあまり動かさないようになってしまうので、肩周りの筋肉を使わなくなり肩こりになるリスクが高くなります。

赤ちゃんを抱っこする時は、上半身全体で支えたいのですが、肩こりになっていると肩に痛みが入らないように体を使ってしまい、腕そして掌に余分な力を入れてしまう場合があります。

手首は細いので、掌に力を入れて重たい赤ちゃんを抱っこするようになると、腱鞘炎のリスクが高まります。

 

■大切に抱っこすることで腱鞘炎に?

画像:写真AC

肩こりから掌に力が入ってしまう場合だけでなく、赤ちゃんを大切に扱うがあまり腱鞘炎になってしまう場合もあります。

第1子のお子さんを抱っこしているママに多いのが、壊れ物を扱うようにしっかりと両手に力を入れて抱きかかえ、体全体に力が入っている抱っこの仕方。

落とさないように愛情を込めて抱っこして、掌に力を入れてしまうことで、腱鞘炎になってしまうママも多いです。

 

■おすすめの抱っこの仕方&ストレッチ

(1)姿勢を正し、手首より先はリラックスさせて抱っこする

大切に思うからこそ、ついつい力が入ってしまいますが、抱っこするのに力はいりません。

姿勢良く骨盤を起こして肩をリラックスさせた状態で抱っこし、ママの体に密着させます。そして掌ではなく二の腕や肘を曲げたところなど、安定する部分を使って抱っこしましょう。

赤ちゃんの後頭部、背中、お尻をしっかりと安定させるように、ママの胸にしっかりと密着させて腕全体で支えてくださいね。

画像:写真AC

(2)ストレッチを取り入れる

腕を体の前方向に伸ばし、反対の手で指先を掴みます。そして、手首を返しながら指先を上、下と動かします。ゆっくり10秒ほど行って交互にストレッチしましょう。

もう一つは、手首をひねるストレッチです。

腕をまっすぐ伸ばし、手首から先をドアノブをひねるイメージで左右に動かします。

日常で手首をひねる動きが少なくなっているため、ひねり動作に弱くなっている方が多いです。日ごろから手首をひねるストレッチを行うことをおすすめします。

 

いかがでしたでしょうか? 日頃の抱っこの姿勢や手首の使い方がとても大切。そして長時間抱っこをした日は、ストレッチを行ってみてくださいね。

 

【画像】

※ 写真AC

※ Taka / PIXTA(ピクスタ)