CUCURU(ククル) > 美容・健康 > 目指せ天使の羽!バランスボールで簡単「美背中」エクササイズ

目指せ天使の羽!バランスボールで簡単「美背中」エクササイズ

画像:写真AC

夏に向けてボディラインをスッキリさせたい方は多いですよね。

ボディラインを整えようとするとき、鏡に映る姿を見てお腹回りやヒップラインが気になるということが多いと思いますが、意外と見られている部分は後ろ姿。

後ろ姿がスッキリとして姿勢の良い女性は、同性から見ても綺麗だなと感じます。

そこで今回は、一般社団法人体力メンテナンス協会のバランスボールインストラクターを務める筆者がおすすめのバランスボールで行う“美背中”エクササイズをご紹介いたします。

 

■美背中のカギは肩甲骨!「天使の羽」を作るのがポイント

余分な脂肪がなく、肩甲骨が浮き出してしっかりと見えている背中は美しいですよね。

この肩甲骨を“天使の羽”と呼び、美しいボディラインのカギともいえるポイントになっています。

スッキリとした背中を作り、天使の羽を作るために意識したい筋肉は、僧帽筋と広背筋という2つの筋肉です。

僧帽筋は、首から背中の真ん中あたりまでにある大きな筋肉で、肩甲骨を動かすのに重要な役割を果たしています。広背筋は、骨盤から肩甲骨のあたりまでにある背中の筋肉で、良い姿勢を保つためにも鍛えておきたい筋肉です。

それでは、バランスボールエクササイズの方法を2つご紹介します。

 

■ボールコブラで背中をグッと反らす

画像:鈴木祥子

バランスボールに手をつき、股関節の辺りをボールに押し当てるようにして体を支えます。

そこから目線を天井に向け、体を反らせていきます。腕をしっかり突っ張らせて、できるだけ反ることがポイントです。

息をしっかり吐きながら10秒キープします。ボールからずり落ちそうになりますが、頑張ってキープしましょう。

慣れてきたら、徐々に秒数を増やしてチャレンジしてくださいね。

 

■慣れてきたら足を上げてさらに負荷をかけてみよう

画像:鈴木祥子

ボールで重心を支えることに慣れてきたら、床についていた膝を離してさらに負荷を高くしていきます。

先程と同じようにバランスボールに手をつき、股関節の辺りをボールに押し当てるようにして体を支えます。膝が離れることで不安定さが増しますが、しっかりと腕の力と体幹を使ってキープしてくださいね。

こちらも10秒キープから徐々に秒数を増やしていきましょう。

ボールが動いてズレてしまう場合は、足先を壁にくっつけて行うとボールが動きにくく安定しますよ。

 

いかがでしたでしょうか? 夏に向けて、バランスボールエクササイズを試して天使の羽を目指してみてくださいね。

 

【画像】

※ 写真AC

※ 鈴木祥子