CUCURU(ククル) > 美容・健康 > 日常動作を変えてみて!梅雨時期の「やる気が出ない」のおすすめ解消法

日常動作を変えてみて!梅雨時期の「やる気が出ない」のおすすめ解消法

画像:foly / PIXTA(ピクスタ)

梅雨の時期になると、仕事や家事が溜まっているのにやる気が出ない、集中力が続かないということはありませんか?

今回は一般社団法人体力メンテナンス協会で体力指導士を務める筆者が、やる気が出ない、気分が乗らない時におすすめする簡単な解消方法をご紹介します。

 

■大股・速足で歩く

画像:写真AC

梅雨になると体を動かす機会が減ることがありませんか? 出かけるのが億劫になったり、車での移動がメインになったりと、体を動かすこと、歩くことが少なくなるという方は、歩く時に大股・速足を意識してみましょう。

身体を動かす機会が減ると、血液やリンパ液の流れが滞りがちになり、体のだるさを感じやすくなる方もいます。体がだるいとやる気は起きにくくなりますよね。

最近、歩いていないな、運動をしていないなという方は、大股・速足を心がけてみてください。

そして、腕を大きく振るのもおすすめです。肘を後ろに引くイメージで、肩甲骨の辺りをしっかり動かしながら歩いてみてくださいね。

ただ歩くという動作も、意識して歩けばエクササイズになりますよ。

 

■深呼吸をする

画像:写真AC

腹式呼吸を意識して深い呼吸を行うことで、たくさんの酸素が体に取り込まれます。やる気が出ないようなときは、たくさんの酸素を体に取り入れて脳に必要な酸素を送り込みましょう。

仕事中、疲れを感じたら深呼吸をする。それだけでも、体のスッキリ感は変わりますよね。

そして、深呼吸とともに運動を行うのもおすすめです。

 

■有酸素運動で体力メンテナンスをして、生き生きと過ごそう

やる気が出ない、集中力が続かないということが頻繁に起こる方は、日常の生活に必要な体力が不足している場合もあります。

体力とは、自分の体を機能させる力、しっかり眠り疲労を回復させる力であるとイメージしてください。その体力をつけるのに、有酸素運動はおすすめです。

ご紹介した大股・速足で歩くこと、深呼吸をすること。この2つを同時に行うことで簡単な有酸素運動になります。

日常のちょっとした動きも大きく体を動かしたり、速足で歩いてみたりと工夫しながら有酸素運動に変えてみてください。続けることで、活気に満ちた生活を送れるようになりますよ。

 

いかがでしたでしょうか? やる気が出ない時は誰にでもありますが、日常の動きから意識して有酸素運動を試してみてくださいね。

 

【画像】

※ foly / PIXTA(ピクスタ)

※ 写真AC