CUCURU(ククル) > グルメ > 【閉店】とちおとめの果実感にうっとり!綿菓子のような無添加かき氷屋さん

【閉店】とちおとめの果実感にうっとり!綿菓子のような無添加かき氷屋さん

画像:大橋千珠

名古屋でも30度を超える日が出てきました。30度超えになると恋しくなるのはかき氷。

今回ご紹介するのは昨年6月にオープンした、名古屋市西区の那古野にある口コミで有名なお店『氷菓処にじいろ』。なんと氷作りからこだわっているそうです。

 

■氷からこだわり、天然氷は12月から製造

画像:大橋千珠

岩清水を殺菌消毒し、生産池に入れて寒波で天然氷にするのだそうです。2週間かけてしっかり凍結した氷は溶けにくいとのこと。確かに食べたかき氷は、他のかき氷に比べて削った状態のままのフワッフワッな氷です。

画像:大橋千珠

また、こちらのかき氷のシロップは、全て産地表示をしているんです! とちおとめいちごだったら栃木県産、ブルーベリーだったら山梨県産、紅玉りんごは青森県産、と記載があります。原産地も表示してくれているので安心して食べられますね。

 

■一番人気の「とちおとめいちご」を食べてみた

画像:大橋千珠

1年中楽しめる“とちおとめいちご”は、はじめはそのままいちご味で楽しみ、オススメの練乳をかけて(追加50円)2度美味しいかき氷です。トッピングは別添えなので、好みのタイミングでかけられるのも嬉しいですね。

画像:大橋千珠

こちらのシロップは香料、着色料、保存料を一切使わない無添加なのも嬉しいポイント。

画像:大橋千珠

器からはみ出るほどの大きさです。テーブルにはかき氷の上手な食べ方が書いてありました。

ザクザクせずにスプーンですくって食べてくださいとのこと。綿菓子のようにふんわり削られていますが、削られた氷は歯ごたえがしっかりあります。しかし、すっと溶ける食感。氷自体も美味しいです!

画像:大橋千珠

かき氷の中までたっぷりシロップが入っているので、最後まで楽しめます。“とちおとめいちご”の果実感がすごい! いちごの風味が強く、まるでいちごを食べている感覚になります。

 

■ランチ限定のカレーうどん、日光寒ざらしそばもあります

“わたぼうし付きカレーうどん”は、カレーうどんがわたぼうしを被っているような見た目が可愛い一品です。

11:00~14:00までの限定カレーうどんです。わたぼうしはジャガイモとメレンゲでできているようで、カレーはあご・カツオ・鶏ガラの出汁を丁寧に仕込んだものだそうです。

“日光寒ざらしそば”は、秋に収穫された玄そばを小寒から立春にかけて清水に約1週間浸した後、寒風に約1ヶ月さらすことにより、えぐみのない香り高いそばになるとのこと。天然氷同様日光の冬の恵みだそうです。

画像:大橋千珠

店内は22席ほどあり、広いスペースなのでゆったり座れます。

 

いかがですか? 天然氷で氷自体もすごくおいしく、無添加のシロップが絶品のかき氷、今年の夏にぜひ試してみてはいかがでしょうか?

 

<店舗情報>

氷菓処にじいろ

住所:愛知県名古屋市西区那古野2-17-12
TEL:052-446-8739
営業時間:11:00~19:00
定休日:水曜日
HP:http://天然氷のかき氷.com

 

【画像】

※ 大橋千珠

Recommend今あなたにおすすめ