CUCURU(ククル) > 今知りたい情報 > コスプレパレードも!約130万人が訪れる「一宮七夕まつり」7月27日から開催

コスプレパレードも!約130万人が訪れる「一宮七夕まつり」7月27日から開催

画像提供:おりもの感謝祭一宮七夕まつり協進会

夏になると、あらゆるところでお祭りが開催されますよね。皆さんはおでかけの予定はありますか?

愛知県一宮市でも、今年で62回になる『おりもの感謝祭 一宮七夕まつり』が、7月27日(木)~30日までの4日間開催されます!

今回は、毎年約130人万人もの人たちでにぎわう、歴史ある『一宮七夕まつり』の魅力をお伝えしたいと思います。

 

■『一宮七夕まつり』の由来

愛知県一宮市の守り神として崇敬されている真清田神社の祭神“萬幡豊秋津師比売命(よろずはたとよあきつしひめのみこと)”は、太古から織物の神様として知られており、そのおかげで一宮市は、織物が発展したといわれています。

その神様への感謝を込めて、昭和31年から“おりもの感謝祭”として『一宮七夕まつり』が始まりました。

『一宮七夕まつり』は、7月の最終日曜日をフィナーレとする木曜日からの4日間、一宮市の夏の最大イベントとして行われ、市内の至るところで飾り付けがされるなど、大盛り上がりをみせます。

仙台、平塚の七夕まつりとならび“日本の三大七夕まつり”の一つであるともいわれ、毎年130万人余りもの人出でにぎわいます。

 

■見どころは「コスプレ」パレード!

『一宮七夕まつり』の見どころは、豪華な七夕飾りだけではありません。開催期間中は、毎日大人も子どもも楽しめるイベントが盛りだくさん!

お祭り中心部で行われる盆踊り大会を始め、“ミス七夕”や“ミス織物”のパレード、ちびっこパレードが繰り広げられます。

また、金曜日の夜には様々な団体が『一宮七夕まつり』のオリジナル曲『ワッショーいちのみや』に合わせて、オリジナルの振り付けで本町商店街を練り歩くのです。

そして、一宮市が最近力を入れていることがこちら!

画像提供:おりもの感謝祭一宮七夕まつり協進会

コスプレのパレード!

参加無料でエントリーすれば誰でもパレードに参加できちゃいます。コスプレパレードはお祭りの新しい形ですね。

画像提供:おりもの感謝祭一宮七夕まつり協進会

また、特設ステージ(真清田神社)や七夕ステージ(i-ビル3階シビックステラス)が組まれ、和太鼓や、器楽演奏、ヒップホップなど、様々なステージで盛り上がります。

 

■かき氷にお化け屋敷!路面店にも注目

お祭りといったら屋台! 『一宮七夕まつり』も、約200店もの屋台がずらりと並んでいます。

本町商店街の中には、路面店と共に行列のできる老舗の美味しいかき氷店があるので、ぜひ立ち寄ってみてください。

また、真清田神社内には、店頭で名物おばあちゃんが、なんとも言えないアナウンスを奏でる(?)お化け屋敷もあります。一風変わった路面店にも注目ですよ。

 

■『一宮七夕祭り』へのアクセス&駐車場情報

約130万人が訪れる大イベントのため、駐車場はかなりの混雑が予想されます。お子さんとの思い出作りも兼ねて、公共交通機関を使っておでかけすることをおすすめします。

会場はJR東海本線「尾張一宮駅」、名鉄名古屋本線「名鉄一宮駅」下車すぐです。2つの鉄道が走っているのでアクセスは抜群ですよ。

それでも車で来たい!という方には、市民会館と市営球場前付近に約350台収容の無料駐車場があり、そこから無料シャトルバスがたくさん出ているので便利です。

また、会場付近には有料駐車場がたくさんありますので、近くに止めたい方には有料駐車場をご利用ください。

 

いかがでしょうか?

今年は、「来て!見て!踊って!夢織る七夕」をテーマに、TANABATAダンスコンテストやSEAMO七夕スペシャルライブ、従来の盆踊りの曲を若者向けにアレンジした新しい盆踊りも開催。

参加型のお祭りへと進化してゆく『一宮七夕まつり』に、ぜひ足を運んでみてくださいね。

 

<開催情報>

第62回おりもの感謝祭 一宮七夕まつり

日時:2017年7月27日(木)~30日(日)10:00~21:00
開催場所:愛知県一宮市 本町商店街内を中心に市内一円
HP:http://138ss.com/(一宮市観光協会ウェブサイト)
問合せ先:ハローダイヤル050-5548-8686

 

【画像】

※ おりもの感謝祭一宮七夕まつり協進会