CUCURU(ククル) > グルメ > 有村架純が夢中になった「茨城ゆかりの味」とは?

有村架純が夢中になった「茨城ゆかりの味」とは?

 女優の有村架純さんがインスタグラムで「ほし納豆」という見慣れない食べ物の写真を投稿していました。じつは、NHKの連続テレビ小説「ひよっこ」の舞台である、茨城県ゆかりの食材だそうです。有村さんが紹介していたのは、水戸元祖天狗納豆の商品。公式サイトによれば、調味した納豆を干し上げてつくるそうで、伝統の食べ物のようです。

 特徴は、ねばねばした納豆とは異なり、納豆の粒がひとつひとつ味わえること。食感はコリコリしていて歯ごたえがあるのだそう。お茶うけはもちろん、酒のツマミとしても合うのだとか。

 有村さんも、お酒は意外とイケるクチなのでしょうか。ブログ記事では、2016年のお正月に久しぶりにお母さんとお酒を飲んだと書かれていました。「普段はほぼ飲まないけど、一緒に呑むと美味しい」とつづっていることから、嫌いではないようですね。

 もっとも、このほし納豆は体にもいいというから、健康法の一環なのかもしれません。一汁三菜や一汁一菜を心がけているという有村さんらしいチョイスです。忙しいドラマ撮影中の、ちょっとしたおやつになっているのかもしれませんね。

Recommend今あなたにおすすめ