CUCURU(ククル) > 美容・健康 > プロが教える!「つけまつ毛」の基本の選び方&簡単な付け方

プロが教える!「つけまつ毛」の基本の選び方&簡単な付け方

画像:BIBIKO

目の印象を大きく左右する“まつ毛”。ちょっと足すだけで簡単に華やかに盛れる“つけまつ毛”をつけてみたいけど、つけ方が分からない。つけても、なんだか馴染まない。時間がかかってしまう……。そんな風に思っていませんか?

だけど、つけまつ毛の種類や正しいつけ方を知れば、TPOに合わせて、なりたい目を演出することができるんです! 今回はメイクアップアーティストの筆者が、つけまつ毛の基本から、覚えたら簡単にできるつけ方をご紹介します。

 

■“つけまつ毛”には、どんな種類があるの?

画像:BIBIKO

その日の服装やメイク、なりたいイメージに合わせて、つけまつ毛を使い分ければ、さらにメイクも楽しくなります。 まずは、つけまつ毛にどんな種類があるのかを見ていきましょう。

(1)編み方がストレート:まっすぐなラインだけで編んだタイプ。ぱっちりとした目を演出してくれます。

(2)編み方がクロス:毛をクロスさせて編んだタイプ。自然な目を演出してくれます。

(3)編み方がクロス:ストレートとクロスをミックスさせたタイプ。束感がでて、華やかな目を演出してくれます。

どんな目元を演出したいかを意識して、その時々で最適なものを選ぶようにしましょう。

 

■基本の“つけまつ毛”のつけ方

画像:BIBIKO

(1)まず、つけまつ毛をのせたい部分に、黒のアイラインなどで“ガイドライン”をひきます

(2) つけまつ毛をあわせてみて、つける位置のリハーサルをしましょう

(3) 目の幅に合わせて、つけまつ毛をはさみでカットします。 カット後は、つけまつ毛の両端をもって10回ほど、曲げたり伸ばしたりして馴染ませましょう

(4)つけまつ毛に、のりを付着します

(5) 目の中央から軽くつけいき、目尻側、目頭側のバランスをそれぞれ確認します

(6) 手やピンセット、毛抜きなどを使用して、いろんな角度からチェックし、つけまつ毛をなじませます

(7) アイライナーでつけまつ毛とまつ毛の隙間をうめます

(8) つけまつ毛とまつ毛を、コームやマスカラでなじませます

(9) 完成です!

使い終わったつけまつ毛は、綿棒やコットンにメイク落としをしみ込ませて、マスカラやノリを落として保存しましょう。

ビーチやリゾートでの時間にも、つけまつ毛ののりを、水に強くてとれにくいアイテムを選べば、一日安心して楽しめますよ。

 

いかがでしたか? まつ毛を含むアイメイクにも流行があります。そんなとき、つけまつ毛でなりたい目を演出すれば、簡単に新しい自分にも出会うことができます。 ぜひ試してみてくださいね!

 

【画像】

※ BIBIKO

Recommend今あなたにおすすめ