CUCURU(ククル) > 美容・健康 > 今すぐ見直したい!「日焼け止め」の選び方&効果的な塗り方

今すぐ見直したい!「日焼け止め」の選び方&効果的な塗り方

画像:BIBIKO

長袖だとちょっと暑く感じる日も徐々に増え、過ごしやすい季節ですね ! この時期から日焼け止め対策を本格的に始める方も多いと思います。日焼けはしみ、そばかす、しわの原因になるだけでなく、年齢を重ねると肌のたるみにも繋がってしまいます。

市販の日焼け止めの種類や効果もそれぞれなので、「どれを選んだらいいの!?」とお困りの方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、日焼け止めのちょっとした知識と塗り方、そしてケア法についてご紹介します。

 

■聞いたことはあるけど…SPFとPAの違い

画像:BIBIKO

まず紫外線は肌の表面に強力なダメージを与えるUVBと、着ている服なども突き抜けてダメージを与えるUVAから成り立っています。そして日焼け止めのパッケージをみると、まず目に入ってくるのが“SPF30 PA++”などの数値ですよね。

SPFはUVBの防止効果を表す目安の数値で、数字が大きいほど効果が高くなります。PAは+の数が多いほど高いUVAの防止効果を示しています。

紫外線を浴びて日焼けしてしまうまでは、個人差がありますがだいたい15分から20分といわれています。お出かけ先、外にいる時間など毎日活動するシーンによって、選ぶべきSPFとPAの数値も変わりますし、多くの場合、数値が高ければ高いほど肌への負担もあるので、きちんと選んで使いわけましょう。

 

■入念なスキンケアも大事!効果的な日焼け止めの使い方

画像:BIBIKO

日焼け止めを塗る前は化粧水、乳液としっかりスキンケアをして、乾燥していない状態で塗るようにしましょう。またファンデーションのようにすり込んだりたたき込んだりしてしまうと肌への負担がかかってしまうので、優しく表面に塗るように、また重ねて丁寧に塗るのがポイントです。

日焼け止めを落とす際にもごしごし洗わず、フェイスマスクの使用や普段よりたっぷり化粧水を使うなどしてケアしていきましょう。

 

いかがでしたか? 日焼け止めの使用とあわせて日傘、つばの広い帽子、長袖の羽織やサングラスなども適時取り入れ、午前10時から午後2時くらいまでの強い紫外線の時間帯は、日陰をなるべく選んで移動するなど、日々意識しながら行動することをおすすめします。

そしてシーンに合わせて 正しく日焼け止めを使用することで、紫外線から大事なお肌を守っていきましょう!

 

【画像】

※ BIBIKO

Recommend今あなたにおすすめ