CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 目指すは…カトパン!男子ウケ抜群「女子アナメイク」で清楚美人に

目指すは…カトパン!男子ウケ抜群「女子アナメイク」で清楚美人に

可愛いだけでなく、上品で清楚な好感度の高い女性アナウンサー。男性人気が抜群で、『美レンジャー』の過去記事「有村架純のタヌキ顔が負けた!“モテる動物顔”1位はカトパン的な…」を見ても、加藤綾子アナが1位に選ばれています。もちろん、立ち振る舞いやファッションにも女子力の高さを感じますが、その美しさはメイクにも大きなポイントがあるのです。

そこで今回は、美容ライターとして活動する筆者が、男性ウケ抜群の“女子アナメイク”をご紹介します。濃すぎても薄すぎてもNG! “きちんと感”がポイントですよ。

 

厚塗り感を出さないベースづくり

はじめに、スキンケアを終えた時点でベタつきを感じる場合は、ティッシュオフをして油分を軽く拭き取っておきましょう。

女性らしさを出すには、ピンクの下地が一番! 顔全体に薄く伸ばしてベースを整えます。それから、ファンデーションより1トーン暗いコンシーラーを使って、目の下のクマやシミが気になる部分を消しましょう。

次に、鏡を遠くに離し、肌の色ムラが気になる部分にだけリキッドファンデーションを少量伸ばします。パウダーファンデは、小鼻や頬の毛穴が気になる部分のみでOKです。

ベースメイクのポイントになるのは、フィニッシュパウダーやルースパウダー。皮脂が多いTゾーンをメインに顔全体に叩き込んだら、両手で顔を包んで、肌にベースメイクを馴染ませましょう。フィニッシュパウダーは、ベースメイクの粗をきちっと整えながら、メイク崩れも抑えてくれます。

 

 ケバく見えないアイメイク

冒頭で述べたように、女子アナメイクは濃すぎても薄すぎてもダメ。アイメイクは、こまめにバランスを見ながら丁寧に仕上げましょう。

(1)アイシャドウ

まずは、ベージュのパールシャドウをアイホール全体に広げ、ベースをつくります。次に、淡いブラウンを二重幅より広めに塗ります(下画像の黄色い点線)。次に、チークで使う淡いピンクを目尻にのみ少量ぼかしましょう。明るい色味が入ることで、可愛らしいメイクになります。ここでは、まだ締め色を使わず、淡い色のみで終わらせておきましょう。

(2)くるりんまつ毛

アイラインを引く前に、ビューラーで丁寧にまつ毛を上げます。目尻までしっかりと上げれば、よりデカ目効果があります。目頭~黒目の上を中心に上げればナチュラルに仕上がるので、理想の目の形に合わせて調節してみてください。

マスカラを根元に2秒当てたら、スッと毛先まで通します。まつ毛の根元が一番濃くなることで、自然な目力が出ますよ。

(3)アイラインは2本使い

ブラックのリキッドを使って、まずは黒目の外側から目尻までを引きます。跳ね上げず、タレ目にもせず、自然に目の形の延長線上に2mmほど伸ばしましょう。次に、ペンシルやジェルライナーなど、仕上がりが柔らかいものに変え、目頭からリキッドまで線をつなげます。まつ毛の間を埋めるように細く引いていくのがコツです。

(4)バランスを見ながら

顔の系統により、ここまでの工程を仕上げても物足りない方は、濃いブラウンの締め色をアイラインの上から目尻のみ重ねましょう。それから、上まぶたと下まぶたがつながる“くの字”の粘膜にもブラウンを少量のせてください。上記の工程をまとめたイメージ画像がこちらです。

最後に黒より柔らかい印象になるブラウンマスカラを下まつ毛に塗れば、アイメイクの完成です。

 

知的な眉毛

眉毛は少し太めに描いた方が知的に見えます。眉山は鋭角にしすぎず、なだらかなアーチ型に仕上げましょう。

まずは、スクリューブラシで毛流れを整え、眉のすき間を確認します。描き始める前に地肌の透けている部分を埋めてください。それでも足りない場合は、上ラインと下ラインが平行になるように直線をイメージして描き足していきます。

黒目の終わり~目尻の間まできたら、少しずつなだらかに下げていき、緩やかな眉山をつくりましょう。

 

チーク&リップには明るい色味を

チークには、肌馴染みがよく、柔らかい印象に仕上がるコーラルピンクを使用します。付属のブラシではなく、できれば大きめのブラシを使ってふわっとぼかしましょう。ブラシに余ったものを、目の下とあごの中央にぼかし、顔に明るさをプラスします。

リップも濃い色のものは避け、コーラルピンクやコーラルオレンジを選ぶことで若々しい血色がプラスされます。グロスを使う場合はごく薄く、唇中央にのせ少しツヤが出ればOKです。

 

今回のアイメイクは、ブラウンを基本にしたものでしたが、服装や顔の系統に合わせて他のカラーにも挑戦してみてくださいね。