CUCURU(ククル) > ライフスタイル > お風呂の壁にマグネット!? お風呂掃除がラクチンになる簡単ぶら下げ術

お風呂の壁にマグネット!? お風呂掃除がラクチンになる簡単ぶら下げ術

画像:八田和子

お風呂掃除って毎日大変ですよね。床や風呂釜だけではなく、湯おけ等の底などもしっかり洗わないと、すぐにヌルヌルになってしまいます。

今回は、幸せ収納デザイナー・住空間プランナーエキスパートの筆者が、少しでもお風呂掃除をラクにするためにしている工夫をご紹介します。

 

■バスグッズはぶら下げて収納

バスグッズを床に直接置いておくと、底がヌルヌルになってしまいます。掃除を怠ると、カビが発生し、筆者は何度も洗面器を買い替えていました。そんな方も多いのではないでしょうか。

そこで筆者は、バスグッズを無印良品の『ひっかけるワイヤークリップ』を使って、はさんでぶら下げています。

画像:八田和子

ただ、このクリップでは湯おけは、はさめません。そのため筆者は、穴が開いている湯おけを使っています。そして、穴にS字フックを通してぶら下げています。

画像:八田和子

ダイソーなどにも、穴の開いた湯おけが売られていますよ。

画像:八田和子

 

■お風呂の壁にはマグネットがくっつく!?

子どもがお風呂で遊ぶオモチャの収納も困りますよね。筆者は袋に入れてありますが、この袋を掛けておきたくてもスペースにかぎりがあり、ぶら下げられません。浴室の中で、ぶら下げられる場所は、タオルをかけておくバーくらいしかありません。それだけだと、ぶら下げられる数にも限りがあります。

そこで筆者はマグネットフックを使っています。みなさんは、多くのお風呂の壁にマグネットがくっつくことをご存知ですか? ほとんどのシステムバス、ユニットバスの壁にはマグネットがくっつくそうなんです(※)。

画像:八田和子

マグネットフックを使えば、ぶら下げる場所も増え、子どもに触られたくないお掃除用品などは、高い位置にぶら下げることができますね。

ちなみに、筆者は普通に売られているマグネットフックを使っていますが、サビが気になる方は、金属部品を使っていない磁石つきバスフックが売られていますので、そちらをお使いください。

 

いかがでしたか? ぜひ、マグネットを使ってぶら下げてみてください。床の上にモノが置いていないとお掃除もラクになりますよ。

(※)お風呂の壁がタイルやガラス、大きな凸凹のある壁など、磁石がつかない壁もあります。一度磁石がくっつくか確認してからご使用ください。

 

【画像】

※ 八田和子