CUCURU(ククル) > グルメ > 新鮮なたまごがお値打ちに買える!愛知・常滑『ココテラス』が連日行列

新鮮なたまごがお値打ちに買える!愛知・常滑『ココテラス』が連日行列

画像:大橋千珠

『デイリーファーム』という極上のたまごを生産している農家が常滑市にあります。養鶏場から5分ほどの場所に『ココテラス』というショップができてから今年で2年。生みたて24時間以内の新鮮たまごや新鮮たまごを使った“たまごいっぱいプリン”が激ウマだと人気なんです!

 

■2種類の違う美味しさのたまごを堪能

画像:大橋千珠

おしゃれな外観のお店に入ると、入り口には早速こだわりのたまごを販売しています。

画像:大橋千珠

たまごは2種類あり、赤たまごと白たまご。飼料に米を配合し、たまごの未来を考えた“明日”という赤たまごは黄身のコクが濃厚で、卵かけごはんにして食べると、普通のたまごとの味の違いは歴然。お醤油もいいけれど、たまごが美味しいから塩でも食べられます。

画像:大橋千珠

一方、“朝日”という白たまごは調理に向いているたまごで、『あつた蓬莱軒』の“うまき”にも使われているそうですよ。

画像:大橋千珠

生みたてにこだわっており、生まれて24時間以内の新鮮なものしか店頭には並びません。人気で売り切れそうなときは養鶏場まで取りに行き、欠品することなく常に新鮮なたまごが手に入るのは嬉しいですね。

 

■たまごの美味しさを感じるスイーツも人気

画像:大橋千珠

お店の奥には、たまごの美味しさを感じられるスイーツがたくさん並んでいます。“たまごいっぱいプリン”、“たまごたっぷりカステラ”、“ココテラス自慢のシュークリーム”、“たまご屋の素直なシフォンケーキ”と、どれも素材の味をじっくり味わえるスイーツばかり。

画像:大橋千珠

すべて無添加なので、安心して食べることができます。

画像:大橋千珠

そして特に食べていただきたいのが、人気商品である“たまごいっぱいプリン”です。なめらかな舌触りになるように温度にもこだわり、舌触りをじゃまするカラザ(白いヒモ状のもの)や、卵殻膜のざらつきは取り除いているそう。とろっとろな舌触りでたまごの旨味をしっかり感じられる“たまごいっぱいプリン”を食べたら、思わず笑顔になること間違いなし!

画像:大橋千珠

店内にもカフェスペースがあり、畑や海を見ながらゆっくりいただくのもいいですね。

 

■規格外のお値打ち商品や、こだわりの調味料も

画像:大橋千珠

洗卵をしても少し殻によごれが残った、規格外のお値打ちたまご“ごめんなさいたまご”は、中身は正規のたまごと一緒で、30個入って550円と超お値打ち! ほかにもカステラの切り落としなど、とてもお得で開店前から行列ができるそうです。

画像:大橋千珠

他にも、さらにたまごが美味しく食べられる調味料のラインナップも魅力。

画像:大橋千珠

『ココテラス』のたまごと相性抜群なのが、こちらの“朝ご飯醤油”。

画像:大橋千珠

こちらは、オムライスが劇的に美味しくなるトマトをふんだんに使った“トマトケチャップ”。

画像:大橋千珠

そしてこちらは、『ココテラス』のたまごを使用した“こだわりマヨネーズ”。無添加でオリーブオイルやリンゴ酢を使っており、今までのマヨネーズとの味の違いに驚くはず! 調理したらもったいない、野菜スティックなどで食べてほしい一品です。

 

いかがでしたか? ぜひショップを訪れていただきたいのですが、「常滑まではなかなか遠い……」という方は、毎月1日に熱田神宮や秋葉山で行われる“あつた朔日市”に毎月出店されているそうなので、そちらもチェックしてみてくださいね。

<店舗情報>
ココテラス
住所:愛知県常滑市大谷芦狭間249-1
TEL:0569-36-7060
営業時間: 10:00~17:00
定休日:木曜、第1・第3水曜

ココテラスのレストラン『レシピヲ』の記事はこちら!

【画像】
※ 大橋千珠