CUCURU(ククル) > 今知りたい情報 > 赤ちゃんから小学生まで楽しめる!4/17OPENの「ボーネルンドあそびのせかい」

赤ちゃんから小学生まで楽しめる!4/17OPENの「ボーネルンドあそびのせかい」

画像:Yuko ITO

4月17日(月)10:00にオープンした『あそびのせかい タカシマヤ ゲートタワーモール店』、あなたはもう行きましたか? 7Fにオープンしたこちらは、親子の室内あそび場『キドキド』と世界のあそび道具が揃う『ボーネルンドショップ』が合体した施設です。

今回はその人気の秘密と魅力を、キドキド副店長の稲垣さんにお伺いした内容をもとにご紹介させていただきます!

 

■赤ちゃんから小学生まで楽しめる、室内あそび場「キドキド」

画像:Yuko ITO

『キドキド』とは、ボーネルンドがプロデュースした親子の室内あそび場で6ヶ月の赤ちゃんから12歳(小学校6年生)までを対象としており、親子で入場して時間制で自由に遊べるシステムです。

年齢に応じてエリアが分かれており、6ヶ月~18ヶ月の赤ちゃん専用の“ベビーガーデン”から、街へと見聞を広げる“ディスカバリータウン”、そして成長して大海原へと冒険に出る“アクティブオーシャン”という、「子ども達の見える世界が広がっていく」ストーリーとなっています。

室内は原色のおもちゃや装飾が多く、これは視覚に刺激を与える目的があるとのこと。ほかにも聴覚や触覚などを刺激するよう、玩具の楽器は本物の楽器の音だったり、遊具や床の素材が布、木、人工芝などバラエティに富んでいたり、細かい工夫が施されています。

 

■“こころ・頭・からだ”のバランスがとれた成長を

画像:Yuko ITO

『キドキド』は、お子さんがなるべくたくさんの動きを体験できるよう設計されています。人間が行うことのできる動作は84種類あるそうなのですが、そのうち幼児期に体験しておくとよいといわれているものは36種類あり、「あるく、もぐる、なげる、はしる、まわる」などが該当します。

脳の神経系が100%発達する12歳までに多種多様な動きの経験を積むことが、バランスのよい成長に繋がるそうで、この時期に身につけた動きは生涯消えることはないそうです。

『キドキド』では、このような動きを特定の運動で取得するのではなく、あそびを通して多種多様に体験できるように設計してあり、トランポリンやサイバーホイールなど、様々な動きを誘発するようなあそびの提案を、常駐するプレイリーダーがお手伝いしてくれます。

 

■プレゼントにも喜ばれるおもちゃも豊富!

デザイン性・機能性に優れた世界のあそび道具が一堂に揃う『ボーネルンドショップ』で、副店長・日比さんのこの時期お勧めのおもちゃは、“アクアプレイ・シリーズ”だそう。

画像:Yuko ITO

“アクアプレイ・シリーズ”はスウェーデンで発展した運河のしくみを教えるために、ある幼稚園教諭がつくったのがはじまりで、暖かくなってきたこの時期に、プールに入るにはちょっと冷たいけれど、気持ちのいいお水に触れていたい! そんな子ども達の希望を叶え、あそびながら、科学への興味も広げてくれるそうですよ。

画像:Yuko ITO

ご贈答に喜ばれるのが、白木を美しく染めてある積み木。白木淡色のものに加えて、このカラフルで優しい色合いが最近特に人気が高いそうです。

画像:Yuko ITO

また見た目にも楽しいニューヨーク発の“eeBoo”のカードや色鉛筆などのアートグッズも。大人でも欲しくなってしまう可愛いデザインでした。

画像:Yuko ITO

筆者も早速3人の子ども達のために、選んだカード3枚で物語を組み立てる“STORY CARDS”を購入しました!

 

いかがでしたか? 「あそぶことは生きること」として、子ども達の健やかな成長のために、最適な環境を提供してくれる『ボーネルンドあそびのせかい』。ぜひ、今度のお休みにはお子さんと一緒に訪れてみてくださいね!

 

<店舗情報>
ボーネルンド あそびのせかい キドキド タカシマヤゲートタワーモール店
住所:愛知県名古屋市中村区名駅1-1-3タカシマヤ ゲートタワーモール7階
TEL:052-566-6701
営業時間:10:00~19:00(18:30受付終了)
定休日:タカシマヤ ゲートタワーモールに準ずる

【取材協力】
※ あそびのせかい/タカシマヤ ゲートタワーモール店

【画像】
※ Yuko ITO