CUCURU(ククル) > ライフスタイル > ダイソーで大人気の「粘土ケース」と似た商品をセリアでも発見、比べてみた!

ダイソーで大人気の「粘土ケース」と似た商品をセリアでも発見、比べてみた!

画像:八田和子

少し前に『ダイソー』の“粘土ケース”(写真右)が収納に便利と人気を集め、品切れのお店も出たくらいの人気商品となりました。そしてこの“粘土ケース”によく似たケースが『セリア』にも登場していたのです! それが“ストレージケース”(写真左)。今回はこの2つの商品について改めてご紹介したいと思います。

 

■ダイソーの“粘土ケース”と、セリアの“ストレージケース”

画像:八田和子

こちらはダイソーの“粘土ケース”。収納ケースとして使うときには、動物のシールをはがして使っている人がほとんどのようです。市販の“シールはがし”を使うと簡単にはがすことができますし、最初からシールが貼っていないタイプも売られています。

画像:八田和子

そしてこちらはセリアの“ストレージケース”。ダイソーの商品に比べると角もシュッとしており、スタイリッシュな印象です。ラベルもかっこいいため、あえてはがさず、そのまま使う人も多いようですよ。

 

■2つの商品のサイズを比べてみた!

画像:八田和子

左側がセリア“ストレージケース”で、右側がダイソーの“粘土ケース”。どちらもふたに溝があり、重ねることができます。奥行きを比較すると、ダイソー“粘土ケース”よりセリア“ストレージケース”の方が少しだけ奥行きがあります。

画像:八田和子

長さを比較するために100均のストローを入れてみました。ダイソー“粘土ケース”(写真奥)には斜めにしないと入りませんでしたが、セリア“ストレージケース”(写真手前)には、ピッタリ入りました。

 

■いずれも使い勝手のよいサイズ感

画像:八田和子

いずれの商品もデザインがシンプルで、使い勝手よいサイズであることは間違いありません。中に入れるのはなんでもOK。買っても次に使うときに行方不明になりがちな乾電池なんかもいいですよね。他にもコットンや薬、裁縫道具として使う方もいらっしゃるようです。

画像:八田和子

そして、筆者の一番のオススメは、使い捨てマスクを入れること! まだまだ花粉が飛んでいるので、毎日マスクが手放せない人も多いでしょう。どちらのケースにもちょうどマスクが入り、ふたもできるので衛生的です。シーズンが終わればそのまま次のシーズンまで保管しておけますよ。

 

いかがでしたか? ダイソーの“粘土ケース”とセリアの“ストレージケース”。お好みのほうをゲットして、ぜひお家の小物の整理に使ってみてくださいね。

 

【画像】

※ 八田和子

Recommend今あなたにおすすめ